2017年 02月 04日 ( 1 )

真イワシのベッカフィーコ

c0130206_10050608.jpg
昨日の午後、僕は外に出るために
まかないは悲しくもパス。

外出する僕を尻目に
カイシェフが美味しそうなシチリア料理を仕込んでいました。

僕が市場で買ってきた丸々太った真イワシです。

安価で仕入れたので、
「まかないで食べても良いし、新メニューを考案しても良いよ〜」
と伝えたのは前日の僕。


真イワシの*ベッカフィーコ・・・
パン粉にナッツやレーズン、ペコリーノチーズ、ハーブを詰めて巻いて
蜜柑とローリエをサンドしてオーブン焼きにします。



美味しかったそうです。。。


ふ〜〜ん、よかったね。。。

やさぐれる僕(苦笑)


確かに新メニューを考案しつつ、まかないで食すという完璧な流れ。

食べたかったな。。。

次回の仕入れから、ズッペリアでオンメニューのようです。


また作ってもらおう。


完成のレポートはまた。




*ベカフィーコ・・・
ベッカフィーコという小鳥から付いた料理の名前です。
この小鳥、イチジクを突くからベッカフィーコという名がついたそうです。
(イチジク⇨イタリア語でフィーコ)
イワシを巻いて、イワシの尻尾がピョンと立ったその姿が
この小鳥がフィーコを突いているようだから名付けられたそう。

ちなみにシチリア島で、ベッカフィーコという小鳥を食べる料理があったのだけれど
この小鳥がとても高価な故に、安価なイワシで代用して食していた料理だとか。

↑カイシェフ談!

イタリアの食文化の面白いところ。

モダンガストロミーへの挑戦のようなイノベーティブも大事だけれど
若いうちは特に食文化が滲み出る郷土料理を理解しながら作ることが
何よりも大切だと僕は思っています。
だって料理の基礎が沢山たくさん詰まっているのですから。


ナイス、カイ!

次回は俺も食べさせて!笑








by ryo_horikawa | 2017-02-04 10:08 | 料理

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧