2017年 02月 05日 ( 1 )

ワインリスト、リニューアル!

c0130206_17415377.jpg

ズッペリア・オステリア・ピティリアーノのワインリストがリニューアルです。

画像は前書きのページです。


仕入れることが困難なヴィンテージワインなどは希少価値として一般的なレストランのリスト価格ですが、

通常のスパークリングとロゼワインが5種ずつほど、白ワイン15種、赤ワイン30種ほどのワインは、


小売価格(酒屋さんの価格)にプラス¥1000です。

とてもロープライスであると思います。


本来のオステリアのテーマをもっと煮詰め、

低価格で気軽にワインをお楽しみいただきます。




ワインサーブという諸々の業務を省き、ワインの価格にサービス料金を含めず、ギリギリまで価格を下げ、オステリアとしてワインの中身をお客様自身がお楽しみいただきます。




ワインというのは、仕入れて直ぐにお出しできる物ではありません。

入荷して数週間は落ち着かせたいですし、ましてや日本に到着したばかりのワインであれば、最低2ヶ月、理想は3ヶ月、落ち着かせたいのです。

そうすると常に在庫を抱えている状態となります。

ワインセラーでずーっと。。。

それから、ご用意するグラスの上げ下げ、労働賃金(サービスは含まない基本的な労働)。

そういったことから、小売価格にもう¥1000をプラスさせていただいております。


肝心のワインですが、安かろう悪かろう、では決してありません。


先にも綴りましたが、まずは当店での管理。セラーで落ち着かせたものを適正なグラスでご用意いたします。

生産者は?

自然に寄り添い、風土を表現すべく努力を惜しまずワイン作りに情熱を注ぎ込む造り手の数々です。

そして生産者と当店を繋いでくれるインポーターさん。

この方々の役割は大きいです。

蔵から東京の倉庫まで、キッチリとした温度管理されていて、

その倉庫から当店までも、温度管理が成された状態で運んでもらいます。

これは生産者が拘り、情熱を注いだからこそ出来上がる

繊細なフレバーを保つのに必要条件なのです。

そして当店でキチンと落ち着かせて。。

そうしたワインたちはその葡萄の固有の優美さ、その土地の風土をグラスの中で漂わせてくれるのです。

そうしたファンワインを安価で気軽に

「うまいね~~~」って言って楽しんでいただきたいのです。



上記のようなワインをキチンとインポートしてくださる方々のワインを取り揃えたリストです。


ちなみに種類がそれほど多くないのも、ワインを安価にする理由の一つですので割愛のほどお願いします。



拘って生産された食材たちを、シンプルに美味しく!

拘って生産されたワインたちを安価に美味しく!



ズッペリア・オステリア・ピティリアーノの営業のテーマであります。


ぜひお気軽にワインをお楽しみください!







by ryo_horikawa | 2017-02-05 17:44 | ズッペリアのあれこれ

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧