カテゴリ:ズッペリアのあれこれ( 66 )

柳葉魚(ししゃも)

c0130206_10451573.jpg


柳葉魚って卵たっぷり脂たっぷりをご想像されていませんか?

それは間違いでありまして
柳葉魚の本来は、普通の小魚です。
美味しい小魚。

天然の鮮度の良い柳葉魚は香りが良くて甘くて〜。
一般的なそれは脂がきつくて本来の香りや甘みが感じられない。


ぜひ天然の生の柳葉魚をお楽しみください。

ズッペリアで北海道産の上物をシンプルに炭で焼いております!

ぜひ!











by ryo_horikawa | 2017-10-27 11:05 | ズッペリアのあれこれ

牡蠣(ズッペリアにて)

c0130206_10411744.jpg

三陸の牡蠣が出回り始めました。

岩ガキや、昆布森牡蠣などのような
濃厚ミルキー系ではなく
どちらかというとあっさり系。でも牡蠣ならではの美味しさはちゃんとある。
そんな感じですね。

ですので2個、3個と食べられます。

今回は市場で一番大きいサイズを購入しました。

ま、ここまで大きくなくても良いかな。。。

牡蠣好きの皆さん、これからドンドン美味しくなりますよーーー!




by ryo_horikawa | 2017-10-27 10:42 | ズッペリアのあれこれ

秋刀魚と蒸しナスのテリーヌ




c0130206_20184108.jpg



秋刀魚。

今年は大きいのが採れないようですね。


イタリア料理にはそこまで大型で脂しっかりっていうのは必要ないので

まあ、良しです。


ズッペリアでは、そんな秋刀魚でカイシェフが蒸し茄子と共にテリーヌしていました。



僕が、

「これは分厚くでっかくが良いだろ~~~」


とか横槍を入れたもんだから、すぐに SOLD OUT。


また仕込むそうです。


ど~~しても食べたい!って方はお電話でお問い合わせくださいね。





*当店(ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ)では、ワインは、「自然に寄り添った考えを持つ生産者のワインをコンディションを大切に」をモットーに、これらをお気軽にお客様自身でお気軽にお楽しみいただくことをコンセプトとしております。価格は基本的にボトルワインは酒屋さんの価格にプラス1,000yenにてご用意しております。サービス料金も頂戴しておりません。このローコスト化により、ワインサービスは抜栓のみで、その後はボトルはオンテーブルとさせていただき、お客様方でお注ぎ頂いております。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
by ryo_horikawa | 2017-10-03 08:20 | ズッペリアのあれこれ

ズッペリア・オステリア・ピティリアーノの店内

ズッペリアの店内を撮ってみました〜



by ryo_horikawa | 2017-09-23 14:33 | ズッペリアのあれこれ

Pici Agliata


c0130206_11362497.jpg


c0130206_11351861.jpg


青森から来た新スタッフのお土産で田子という所のニンニクなんですが
甘くて本当に美味しいですね。

まかないでカイシェフが作ってくれました
ピーチ・アリアータ

ピティリアーノ村の定番料理で、とにかくシンプル。

水だけで練った手打ちのモッチリパスタに
ニンニクが効いたトマトソースが絡み合います。

カイシェフ曰く、ニンニクは通常の倍量入れたそう。

これだけ聞くとなんだか気持ち悪いですが
食べたら全然ニンニクの嫌な臭いはなくて
独特のまろやかさ。

最高でした。





う〜む、恐るべし田子のニンニク。





あ〜、今日の賄いは何かなぁ〜




by ryo_horikawa | 2017-09-08 11:38 | ズッペリアのあれこれ

模様替え

ズッペリア・オステリア・ピティリアーノでは店内プチ模様替え中です。

絵を飾ったり、席の配置を変えたりしてます。


ご来店された際、ご意見いただければ幸いです。



c0130206_21140510.jpg


c0130206_21145244.jpg



c0130206_21143667.jpg


c0130206_21141871.jpg












c0130206_21192089.jpg







by ryo_horikawa | 2017-09-05 21:19 | ズッペリアのあれこれ

トンナレッリ 熊のラグーと目玉焼き

c0130206_18035716.jpg

ズッペリア・オステリア・ピティリアーノでランチがひと段落すると
カイシェフが何やらまた試作を繰り返し、
僕に確認で持ってきたのがこのパスタ。

熊のラグーをトンナレッリであえて上から目玉焼きとチーズと胡椒です。

トンナレッリは手打ちのロングパスタでしっかりモッチリ食感。
目玉焼きを崩しながらトンナレッリに全てを絡めて頬張ります。

うんまい!


本日より ¥ 2200でご用意です。

ランチでもご用意するようですよ!




ワインは意外と白が良い。。。



画像は試食も完食、元気な海シェフ。
c0130206_18041233.jpg




*当店(ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ)では、ワインは、「自然に寄り添った考えを持つ生産者のワインをコンディションを大切に」をモットーに、これらをお気軽にお客様自身でお気軽にお楽しみいただくことをコンセプトとしております。価格は基本的にボトルワインは酒屋さんの価格にプラス1,000yenにてご用意しております。サービス料金も頂戴しておりません。このローコスト化により、ワインサービスは抜栓のみで、その後はボトルはオンテーブルとさせていただき、お客様方でお注ぎ頂いております。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
by ryo_horikawa | 2017-08-27 18:12 | ズッペリアのあれこれ

猪の炭火焼き

c0130206_21471825.jpg


ズッペリア・オステリア・ピティリアーノにて
長野県伊那から届いた仔猪を炭火で焼いております。

なんというか、肉質がかなり良いです。

生肉の状態でミルキーな香りも持っていてドリップもありません。

ウリ坊と大人の中間くらいだと思うのですが
ウリ坊より味があり、猪(大人)より癖なくまろやか。


カイシェフが楽しそうに丁寧に焼いております。



やはりワインはサンジョベーゼでしょうか。
でも素朴な調理なので色々なワインに合いそうです。







*当店(ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ)では、ワインは、「自然に寄り添った考えを持つ生産者のワインをコンディションを大切に」をモットーに、これらをお気軽にお客様自身でお気軽にお楽しみいただくことをコンセプトとしております。価格は基本的にボトルワインは酒屋さんの価格にプラス1,000yenにてご用意しております。サービス料金も頂戴しておりません。このローコスト化により、ワインサービスは抜栓のみで、その後はボトルはオンテーブルとさせていただき、お客様方でお注ぎ頂いております。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
by ryo_horikawa | 2017-08-12 21:47 | ズッペリアのあれこれ

猪の炭火焼

c0130206_13590380.jpg

長野県伊那より、今週土曜日にジビエが届きます。

鹿、猪、熊

です。

ズッペリアにて炭火焼でご用意いたします。

ちなみに熊はまだ早そうで少し寝かせますので、来週月曜日以降のご用意かと思います。
猪はすぐに焼けそうです。




力強いワインとぜひお楽しみください。







*当店(ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ)では、ワインは、「自然に寄り添った考えを持つ生産者のワインをコンディションを大切に」をモットーに、これらをお気軽にお客様自身でお気軽にお楽しみいただくことをコンセプトとしております。価格は基本的にボトルワインは酒屋さんの価格にプラス1,000yenにてご用意しております。サービス料金も頂戴しておりません。このローコスト化により、ワインサービスは抜栓のみで、その後はボトルはオンテーブルとさせていただき、お客様方でお注ぎ頂いております。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
by ryo_horikawa | 2017-08-10 14:02 | ズッペリアのあれこれ

ブリオーネ(Zuppa di Agnello)

c0130206_11283752.jpg



仔羊のトマト煮込み。なんですが、凝縮したトマト感とちょっとしたスープっぽさ。

そこにパンを浸して食べるトスカーナ州マレンマ地方の料理。


ランチではコースにプラス¥300

ディナーでは倍量アラカルトで、一皿¥3,800


仔羊は決してトロトロまでは煮込まず、でも噛む食感が残りつつの柔らかめに煮込みます。



シンプルが故に仔羊をかぶりついた美味しさはひとしおです。



これはやはりマレンマの赤ワインと共に食べてもらいたいな〜



マレンマのリストランテ・ダ・カイーノのヴァレリアシェフから教わった料理。僕の思い出の料理です。


c0130206_11280684.jpg
c0130206_11281693.jpg






*当店(ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ)では、ワインは、「自然に寄り添った考えを持つ生産者のワインをコンディションを大切に」をモットーに、これらをお気軽にお客様自身でお気軽にお楽しみいただくことをコンセプトとしております。価格は基本的にボトルワインは酒屋さんの価格にプラス1,000yenにてご用意しております。サービス料金も頂戴しておりません。このローコスト化により、ワインサービスは抜栓のみで、その後はボトルはオンテーブルとさせていただき、お客様方でお注ぎ頂いております。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
by ryo_horikawa | 2017-08-07 11:29 | ズッペリアのあれこれ

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧