カテゴリ:ズッペリアのあれこれ( 54 )

ズッパ・イングレーゼ

c0130206_13372395.jpg
ズッペリアだけに・・・
というわけでも無いと思うのですが
ズッペリアの海シェフが試作を重ねて仕上げてきた
かなりイタリアンテイスト(メチャ甘い)なズッパイングレーぜ!
「甘くなくて美味しい〜」って日本は聞こえてくるんだけど
そんなことを吹き飛ばすナイスなイタリアdolce!

スポンジにアルケルメスという赤いリキュールをたっぷりと染み込ませ、カスタード(チョコフレーバーも)を塗って層にしたケーキです。

あれ?ズッパってスープじゃないの?

と聞こえてきそうですが、
ズッパというイタリア語の意味は「染み込ませる」「吸い込ませる」みたいな感じです。
だからこれは正しく「ズッパ」な訳です〜〜〜!






*当店(ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ)では、ワインは、「自然に寄り添った考えを持つ生産者のワインをコンディションを大切に」をモットーに、これらをお気軽にお客様自身でお気軽にお楽しみいただくことをコンセプトとしております。価格は基本的にボトルワインは酒屋さんの価格にプラス1,000yenにてご用意しております。サービス料金も頂戴しておりません。このローコスト化により、ワインサービスは抜栓のみで、その後はボトルはオンテーブルとさせていただき、お客様方でお注ぎ頂いております。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
by ryo_horikawa | 2017-06-02 13:37 | ズッペリアのあれこれ

どろ豚の炭火焼

c0130206_23542592.jpg

カイシェフが焼いています。北海道の「泥豚」。
なんでも泥遊びが好きで土も食べるそうですが
これを放牧によりのびのび育ちで良いことづくめだとか。

味は結構コッテリですね。

カイシェフのジューシー焼きも良いんですが
美味しいです。

ワインは白でも赤でもですね、これは。。。







*当店(ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ)では、ワインは、「自然に寄り添った考えを持つ生産者のワインをコンディションを大切に」をモットーに、これらをお気軽にお客様自身でお気軽にお楽しみいただくことをコンセプトとしております。価格は基本的にボトルワインは酒屋さんの価格にプラス1,000yenにてご用意しております。サービス料金も頂戴しておりません。このローコスト化により、ワインサービスは抜栓のみで、その後はボトルはオンテーブルとさせていただき、お客様方でお注ぎ頂いております。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
by ryo_horikawa | 2017-04-23 00:05 | ズッペリアのあれこれ

GARMUGIA LUCCHESE

c0130206_13104515.jpg



この季節が来ました!


ズッペリアの海シェフの十八番!かな?

トスカーナ北部ルッカという町のズッパで
パンチェッタとジャガイモ、アスパラガス、空豆、カルチョーフィ、グリーンピースの
ドロドロスープです。
読んで字のごとく、な味なんですが、
これにオリーブオイルがかかると、なんでこんなに美味しいのーーー!?
という感じでございます。

ランチでもディナーでも!

白ワインとぜひ!






*当店(ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ)では、ワインは、「自然に寄り添った考えを持つ生産者のワインをコンディションを大切に」をモットーに、これらをお気軽にお客様自身でお気軽にお楽しみいただくことをコンセプトとしております。価格は基本的にボトルワインは酒屋さんの価格にプラス1,000yenにてご用意しております。サービス料金も頂戴しておりません。このローコスト化により、ワインサービスは抜栓のみで、その後はボトルはオンテーブルとさせていただき、お客様方でお注ぎ頂いております。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
by ryo_horikawa | 2017-04-11 13:12 | ズッペリアのあれこれ

ホワイトアスパラガス!

やっぱり今年もこういう感じですね。

北イタリアのバッサーノ産は甘くてきめ細かくて本当に美味しい!!!


スッペリアにて!

オススメです。間違いない^^!


c0130206_10391384.jpg

c0130206_11261198.jpg






*当店(ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ)では、ワインは、「自然に寄り添った考えを持つ生産者のワインをコンディションを大切に」をモットーに、これらをお気軽にお客様自身でお気軽にお楽しみいただくことをコンセプトとしております。価格は基本的にボトルワインは酒屋さんの価格にプラス1,000yenにてご用意しております。サービス料金も頂戴しておりません。このローコスト化により、ワインサービスは抜栓のみで、その後はボトルはオンテーブルとさせていただき、お客様方でお注ぎ頂いております。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
by ryo_horikawa | 2017-04-06 11:28 | ズッペリアのあれこれ

赤身和牛のビステッカ

c0130206_10064643.jpg

昨晩、ズッペリアの調理場を覗いたら、カイシェフ、美味しそうに短角牛を焼き上げていました。


う〜ん、これで赤ワインやりたいな〜


しっかり塩とオリーヴオイルをかけてかぶりついてください!



肉汁、ジュワワワ〜🎶


by ryo_horikawa | 2017-03-05 10:10 | ズッペリアのあれこれ

ズッペリアに沼津からのスカンピ入荷

c0130206_09402260.jpg
沼津より大きな大きなスカンピが届いております。

国産、特に沼津の赤座海老、通称スカンピは。本当にうまい!

甘いんですよね〜

こん大きさだと食べ応えも十分!

ズッペリア・オステリア・ピティリアーノで炭火焼で
1尾 ¥3,000
↑国産でこれはお魚屋さんで買うより安いです。
(お魚屋さんに並んでないと思うけど)

お得ですよ♪


白ワインとぜひ!



by ryo_horikawa | 2017-02-12 09:42 | ズッペリアのあれこれ

ワインリスト、リニューアル!

c0130206_17415377.jpg

ズッペリア・オステリア・ピティリアーノのワインリストがリニューアルです。

画像は前書きのページです。


仕入れることが困難なヴィンテージワインなどは希少価値として一般的なレストランのリスト価格ですが、

通常のスパークリングとロゼワインが5種ずつほど、白ワイン15種、赤ワイン30種ほどのワインは、


小売価格(酒屋さんの価格)にプラス¥1000です。

とてもロープライスであると思います。


本来のオステリアのテーマをもっと煮詰め、

低価格で気軽にワインをお楽しみいただきます。




ワインサーブという諸々の業務を省き、ワインの価格にサービス料金を含めず、ギリギリまで価格を下げ、オステリアとしてワインの中身をお客様自身がお楽しみいただきます。




ワインというのは、仕入れて直ぐにお出しできる物ではありません。

入荷して数週間は落ち着かせたいですし、ましてや日本に到着したばかりのワインであれば、最低2ヶ月、理想は3ヶ月、落ち着かせたいのです。

そうすると常に在庫を抱えている状態となります。

ワインセラーでずーっと。。。

それから、ご用意するグラスの上げ下げ、労働賃金(サービスは含まない基本的な労働)。

そういったことから、小売価格にもう¥1000をプラスさせていただいております。


肝心のワインですが、安かろう悪かろう、では決してありません。


先にも綴りましたが、まずは当店での管理。セラーで落ち着かせたものを適正なグラスでご用意いたします。

生産者は?

自然に寄り添い、風土を表現すべく努力を惜しまずワイン作りに情熱を注ぎ込む造り手の数々です。

そして生産者と当店を繋いでくれるインポーターさん。

この方々の役割は大きいです。

蔵から東京の倉庫まで、キッチリとした温度管理されていて、

その倉庫から当店までも、温度管理が成された状態で運んでもらいます。

これは生産者が拘り、情熱を注いだからこそ出来上がる

繊細なフレバーを保つのに必要条件なのです。

そして当店でキチンと落ち着かせて。。

そうしたワインたちはその葡萄の固有の優美さ、その土地の風土をグラスの中で漂わせてくれるのです。

そうしたファンワインを安価で気軽に

「うまいね~~~」って言って楽しんでいただきたいのです。



上記のようなワインをキチンとインポートしてくださる方々のワインを取り揃えたリストです。


ちなみに種類がそれほど多くないのも、ワインを安価にする理由の一つですので割愛のほどお願いします。



拘って生産された食材たちを、シンプルに美味しく!

拘って生産されたワインたちを安価に美味しく!



ズッペリア・オステリア・ピティリアーノの営業のテーマであります。


ぜひお気軽にワインをお楽しみください!







by ryo_horikawa | 2017-02-05 17:44 | ズッペリアのあれこれ

壱岐産天然ブリトロの厚切りサラダ

c0130206_11561639.jpg
最近、高品質で名高い壱岐の魚。

市場で仕入れてきました、ブリ〜〜〜!
c0130206_11563050.jpg
ズッペリア・オステリア・ピティリアーノで、
大トロの部位をサッとだけ炙った厚切りの生を
ユーポンと言う山口産の柑橘(伊予柑とポンカンの交配)と
鎌倉のほろ苦ジョーカーレタスのサラダに乗せてご用意です。

画像は試作品で、昨日のもの。まだブリが新鮮すぎました。
今日くらいから味が濃くなってきますね!
やはりわさびっぽいピリ辛いのが必要なので
増田さんのからし菜も添えます。

ネットリしてくるであろうこの大トロとピリツン辛いからし菜、
そして、伊予柑の香りとポンカンのジューシーさという良いとこ取りしちゃった
ユーポンのスライス。シチリアのヴァージンオイル。
でレモンと塩〜〜〜!

で決まりっす!

前菜で白ワインやロゼワインとどうぞ。


雷鳥のパスタやボタン海老やスカンピの炭火焼きもオススメですよ!






by ryo_horikawa | 2017-02-03 11:56 | ズッペリアのあれこれ

ハヤシコウさんのcalendario2017

c0130206_12024254.jpg


毎年ズッペリアに飾らせていただいております、
ハヤシ コウさんのカレンダーです。

今年はサルデーニャ島のカリアリ村の絵です。

この店の雰囲気にもしっくりと来る柔らかくクラッシクでありながらモダンのような。。。ってワインの説明みたいですが^^;良い感じです。

今年も絵の部分だけを飾ってしまって、コウさんごめんなさい。


ハヤシコウさんには、先日もズッペリアの外階段に
僕がピティリアーノ村で撮った写真を
綺麗に引き伸ばし額に入れて
ささーっと飾ってくれました。

いろ〜んなアート活動をされているコウさん、やはり仕事が綺麗で早いです。

そしてまた大のイタリア好きな方です。

一緒にワインを飲んでいると
アートとデザインの間、みたいな話とか、
いろいろと話が進んで、ワインも進んじゃう、
面白い方なのであります。


c0130206_12025495.jpg




by ryo_horikawa | 2017-01-15 12:04 | ズッペリアのあれこれ

価格改定

ズッペリア・オステリア・ピティリアーノのランチコースの価格変更です。

今までアミューズとして小さな前菜をお出ししておりましたが
お時間の少ない方や野菜を!という方を考え
よりシンプルにこのアミューズを省くことにいたしました。

よって
Aコースが¥2,000⇨ ¥1,700(¥1,836)
Bコースが¥2,500⇨ ¥2,300(¥2,484)
となります。

沢山の野菜をお召し上がりいただくコンセプトをよりシンプルに。

お気軽にお楽しみください!



c0130206_18444129.jpg



by ryo_horikawa | 2017-01-06 18:48 | ズッペリアのあれこれ

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧