<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

あの街のあの料理

最近フィオッキの定番料理となってきた “フィナンツィエーラ” です。
c0130206_11201645.jpg

既に当店で召し上がって頂いた方も多いと思いますが

名前だけ聞くとイタリア語っぽいけど・・・???
って感じですが
フィナンツィエーラとは、財務家風という意味で
仔牛ヒレや脳みそ、脊髄、胸腺肉や鶏鶏冠、レバーなどを
ポルチーニ茸とマルサラワインで炒め煮にした料理です。

とはいってもこれも作る人によって、具材も調味料も作り方も微妙に変わってくる料理。
当店では、脊髄だけ手に入らないので入れずに作っています。
味の組み立てに悩み、何度も作り替えた料理です。

昨年秋の旅でも、いくつかのフィナンツィエーラを食べました。

でも、どこで食べても
茸とマルサラワインの風味、ヴィネガーの酸味と仔牛のまろやかな風味が
熟成したネッビオーロ種のワインと良く合いました。

地場の料理と地場のワイン、ピエモンテの素晴しき食卓であります。

そうなんです、この料理はピエモンテ州の私が大好きなトリノの街の料理です。
この街が栄えた1800年代
フロックコートを着た銀行マン達が好んで食べていた、という料理。

ピエモンテの人達は昔から新鮮な内臓類は特別な食べ物としていた為
こういった人達の間で楽しまれていたようです。

秋に訪れたトリノの街、本当に懐かしかったなぁ・・・
フリッポーから電車で1時間半位だったかなぁ、休みの日は良く
このヴィットーリオ・エマヌエレ橋の周りでぶらぶらしていました。
c0130206_22294370.jpg


ここから少し歩いた市場で店のブラケットランプを買いました。
c0130206_22304411.jpg

またこの街に来て、お店の物を買って、美味しい食事とワインを楽しみたい・・・
イヤイヤ勉強しに行きたいなぁ、なんて事をいつも考えてしまってます^^
by ryo_horikawa | 2009-01-29 11:21

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

昨年一年を振り返ると、店内全面改装が大きな山でありました。

この山に辿り着けた事に
まず日頃から、フィオッキを可愛がって頂いているお客様に感謝と
この山をなんとか登り超えられた事にスタッフに感謝。
そしてその頂から降りた時、自分の進む道が大きく開けていた事に
今回の改装に携わっていただいた、全ての方に感謝。

そんな皆様に育まれた、幸せな一年でありました。
今年はその頂いた、形の無い宝石をお皿の上にのせられるよう、邁進していきます!

今年もフィオッキをどうぞよろしくお願い申し上げます。
by ryo_horikawa | 2009-01-03 00:12

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧