<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

冬休み2010 九州横断紀行 1日目

貫徹だった為、眠気眼で着陸してしまった大分空港。

薄曇りの晴れ模様。

全国的に急に温かくなった日でしたが、そんな事も露知らず
「九州は温かくてきもちいなぁ〜」と
呑気に借りたレンタカーを軽快に飛ばし一路、佐賀関へ!

当ブログで以前からご紹介しております
関鯖の「フィオッキの秘密の漁師さん」にお会いするのが目的です。

空港を出て別府湾をグルリと一時間。

着きました、日本の名漁場佐賀関。
c0130206_23211441.jpg


とりあえず目的の漁師さんにお会いする前に
漁港近くの小料理屋さんで昼食。
c0130206_2325891.jpg

刺身がいきなり旨い!


で、漁師さんのお宅にお邪魔したのですが、
着くや否や「釣りたて食べてみる?」と、
関サバと関アジを目の前でおろし始め
お造りを頂いてしまいました。
c0130206_23473999.jpg
最初より食べてるうちにドンドン身が引き締まり始めたような気がしながら
半分くらい頂いた時に訪ねてみました。

「これ・・・さっきよりコリコリしてきた様な・・・」

すると漁師さん

「あぁ、そうかもしれんなぁ。
いつもな、お客さんにこうして出して
お客さん帰った後、残ったの見ると身ぃ厚ぅなってるもんねぇ。」

恐るべし関の鯖。
切り身にしてからも筋肉は生きてます。
荒波にもまれた正にアスリート。
でもそんな筋肉質でも脂乗ってて最高に旨いです!!!

それから知る人ぞ知る、関のクロメを頂きました。
c0130206_23361633.jpg

これは昆布の様な海藻で
ここでは細く切って汁や醤油漬けにするそうです。
c0130206_23445693.jpg

独特のヌメリがあって美味!
醤油漬けをアツアツご飯にのせて頂きました。

九州着いた日のお昼から大満足^^

このクロメは早い海流できれいな生息地である
関の物がやはり上物だそうで
1〜3月くらいまで、これを求めて関に来る人も少なく無いそうです。

ちなみにサザエなどの貝類も同じだそうで
この漁師さんは何度も
「ここのはなんか旨いなぁ。潮の流れが違うけぇ
1つ向こうの岬の海のは旨ぁない。食えん。」

その海を知り、魚を熟知する職人の言葉です。

只単に関ブランドの魚を買うのではなく
この人の魚!というのが、いかに大事かを感じました。

漁師のご夫婦に別れを告げ
今度はフグを求め隣の市 “臼杵” へ。

午後3時半、胃袋には美味しかった関の魚たち、

食べれるかなぁ・・・
by ryo_horikawa | 2010-01-30 09:31

仲間

本日の午後、某ワインインポート会社の仲の良い営業マンが
勇退する小林に会いにと、わざわざスケジュールをずらして
ワインを持って営業に来てくれました。

大阪出身の体育会系のゴツい男です。

彼と私たちとお互いに共通の、思い入れの深いワインを持ってきて
「一緒に飲みましょう!」と言ってくれて
短い時間でしたが、いろいろと語り合いながらグラスを傾けました。

私たちと彼の関係は “売り手と買い手”。
でも彼はいつも“売リに来る”というよりは“会いに来てる” 営業マン。

今回も“営業” では無く、ワイン仲間として “挨拶” に来てくれた訳で
「人と人との温かい関係」を感じさせてくれました。

小林本人が一番感じている事とは思いますが

「仕事やワインがこうして人と人との輪を作ってくれて
自分たちを成長させてくれている。」

そういった事を実感できる時を彼から貰いました。

ありがとう、ゴツい男!

これからも良い物を伝え合える良きチームメイトとして頑張って行こう!

やっぱりワインていぃよね。

c0130206_2201179.jpg

by ryo_horikawa | 2010-01-29 22:20

冬休み2010 再会

忙しかった昨年のご褒美、冬休み。

目標売り上げを達成したら九州へ行こう!
昨年秋から私の胸中に宿っていた思いが実現しました。

今回の冬休みは皆頑張ってくれたので
1週間頂く事と致しました。

この間、当店をご利用予定だったお客様には
大変ご迷惑をおかけ致しました。
この場を借りましてお詫び申し上げます。

1週間の頂くお休みという事で、食材の保存やら仕込みやらで
冬休みの初日の朝(九州へ出発の朝)店を出れたのは朝5時半、
何一つ支度をしていなかったのですが
飛行機に間に合う最終電車はその日の朝の成城学園前発6時13分、

その時の私の焦りようは誰にも見せられません^^

まぁ、そんな事も気軽な一人旅
間に合えば全てOKでして
いざ九州へ!


今回の旅の一番の目的は
私の料理人としての恩師である
熊本市内の『イタリア料理 モト』のオーナーシェフ
原田氏に会いに行く事でした。

原田さんは私が料理人としての第一歩のお店のスーシェフでした。

何も知らない、いわゆる見習い(業界用語:小僧)だった私を
よく叱って頂きながらも、可愛がって頂き
料理の楽しさ、奥深さを教えて下さった方です。

私より先に、氏は地元の九州天草で独立されており
ずぅーっと、ずぅぅぅっと前からお邪魔したいと思っていたのですが
3ヶ月程前、氏のブログを拝見したところ
お店を移転された事を知り
私の今回のこの休みの行き先が、瞬間的に決まった訳です。

お店に到着すると既に店内は満席。すごい!

原田さん、
がっちりした体系からは想像もつかないくらい器用な方で、繊細なセンスの持ち主。
とっても可愛いお店でした。
c0130206_2035073.jpg


カウンターに通して頂き、美味しい前菜の盛り合わせを頂きながら
「やっぱり旨いなぁ〜」

そして、この背中です。思い出しました。
c0130206_2037921.jpg

当時まだ小僧だった私は
ガス台の前(業界用語:ストーブ前)に立つ事を夢見て頑張っていて
原田さんのパスタが出来上がるのを
カッコいいなぁ〜と思いながら
お皿に盛りつける為に構え待っていた
あの時の、あの憧れの背中を痛烈に思い出しました。

ウチワ海老とイカスミの焼きリゾットの温前菜
c0130206_20413928.jpg

アマダイのアクアパッツァのバベッティーネ
c0130206_204157100.jpg

和牛のグリル
(この辺から美味しさにトロけて画像残してません、、)

そしてドルチェと
至福でありノスタルジックなフルコースを堪能させて頂きました。

(最初も緊張して前菜撮ってないし
最後も感極まってお店の外観撮ってないしでスミマセン、、、)

美味しいのは分かっていたのですが
やっぱり際立つ料理センスに
私は完全に初心に帰らさせて頂きました。



お忙しい中、時間を割いて頂きお話も出来、
最後は愛犬「サン」とも別れを告げ
素敵な恩師の新店を後にしました。


c0130206_20482415.jpg


サン、原田さんをヨロシクね!



次回は旅の初日、大分です。



原田さんのブログ、 ら・もと魂最高です!
by ryo_horikawa | 2010-01-29 00:08

勇退

まず始めに、12月から何かと忙しかったこの間、
日頃の忙しさにかまけて当ブログの更新が
かなり間があいてしまいまして、大変申し訳ございませんでした。

お伝えせねばならなかった事が幾つかあったのですが
まず・・・
昨日まで冬休みを頂いておりました。。。

休み中の私の行動は次回(すぐに!)
ご紹介いたしますとして、取り急ぎのご連絡です。

今までお世話になりました、ホールスタッフの小林と
若手調理スタッフ、ツマタニーノこと妻谷が今月末をもちまして
退社いたします。

妻谷は当ブログを更新していない間に
既に退社しておりまして、、、

彼の実家の都合などで、地元の大阪に帰りました。

素直な性格で良い奴だったのですが、
淋しくも頑張って欲しいものです。


小林はといいますと、
以前彼を研修に送りました
私の元同僚である江戸川橋のオーナーソムリエ坂田氏の
リストランテ『ラ・バリック』で
一からサービスとワインを学びたいという話を小林から聞かされ
2月の始めから、坂田氏の元での彼の修行が始まる事となりました。

今まで彼を温かい目で応援して下さった方には
本当に申し訳ない気持ちで一杯の我々ですが
何も知らない只の酒好きだった彼が(ごめんね小林)
ソムリエを取得し、また更なる上を目指すその向上心と成長は
当店の誇りでもあり
率直に「応援したい」という気持ちが私の中に沸き立ち
このような運びとなりました。

どこかのTV番組にありますが、今の彼は正に『未来の巨匠』
がんばれ巨匠となるその日まで!


お客様方には、大変ご迷惑をおかけいたしますが
彼らのこれからの未来、温かく見守って下さいませ。

どうぞよろしくお願い申し上げます。







c0130206_1830546.jpg
c0130206_18474689.jpg
c0130206_183351100.jpg
c0130206_18441050.jpg
c0130206_1847932.jpg
c0130206_18313638.jpg


やっぱり淋しいな・・・

c0130206_18361138.jpg


乾杯!
by ryo_horikawa | 2010-01-28 19:56

新年のご挨拶

2010年
明けましておめでとうございます。

フィオッキにとっての昨年は、
“不況の年”と言われた一年の中、
沢山のお客様にお越しいただき
かなり忙しくさせて頂く事が出来ました。
(特に12月はスタッフ全員ボロボロでした^^)

まず最初に、お越しいただいた全てのお客様に
そして、生産者さんや頑張ってくれたスタッフ、
応援して下さった沢山の方々に大きな感謝の気持ちを込めて
ご挨拶をさせて頂きます。


〜フィオッキにたずさわる全ての方々へ〜

いつも当店をご愛好頂き誠にありがとうございます。
本年は、おかげ様で当店も10年目を迎えました。
この10年間に当店を育てて下さった
生産者さん、
そしてなによりお客様である皆様への恩返しとなる様、

今まで以上のおもてなしスタッフと力を合わせ
ご提供して行きたいと思う所存でございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

フィオッキ   シェフ 堀川 亮
by ryo_horikawa | 2010-01-02 21:41

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧