<   2011年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

温かいタクアン

先日に届いた増田さんの野菜に
一緒に入っていた頂き物のタクアンです。
c0130206_10503438.jpg



段ボールには、「先日おいで下さった時にと思ったのですが
大切なお車がタクアン臭くなるので今回荷物に入れておきました。」
とのメッセージ。

なんだろう、心が温か〜くなる瞬間でした。
(増田さんはいつもメッセージを書いて下さいます。ラ・ヴィータブログ参照)

一口頬張ると・・・
お塩とヌカだけから感じる、大根がタクアンになった時の純粋な甘さ・・・
(“美味しんぼ”みたいでスミマセン)

フィオッキのお客様Sさんが
「増田さんのお米は、お漬け物が良く合いますね」
とおっしゃるうように、増田農園のお米と
相性抜群であります。

治子サン、いつも有り難うございます。
と言いつつ、自分がやると2個でギブアップな
ほうれん草を根っこから採る事をお願いしたりして・・・

狭山方面に足向けて寝られません。
by ryo_horikawa | 2011-01-29 10:52

越冬野菜

c0130206_10325786.jpg
c0130206_10341456.jpg
c0130206_10335212.jpg
c0130206_10333798.jpg
c0130206_10343157.jpg



先日の寒い朝、また増田農園にお邪魔してきました。
(ちょくちょく足を運ばないと落ち着かないのは
何故なのだろう・・・)

畑の入り口にはしっかりと霜柱が立っていて
そんな寒い冷たい土で育つ野菜はというと・・・

凍ってます。。。

育ちながら凍ってます。

チンゲンサイなんか、殆ど全部ガッチリ凍ってます。

そして午後にやっと融けて、また朝は凍って生きている。

すさまじい・・・



治子サンいわく
「この時期はそれでも何とか凍らないように野菜たちは自力で糖度を上げてるんです。
根菜なんかも今が一番美味しいの!」

実際ほうれん草もメチャメチャ甘い!

で、根っこが美味しいから、根っこごと採ろうとすると
貧弱な僕なんかは2個目で指が冷たくてリタイヤですね^^
そんな中で生きてる野菜たちと、
それと共に生きる増田さん一家には頭が下がります。

そして、紅菜苔などはもう花をつけ始めていて春の準備をしていました。

たくましい・・・



美味しい空気を吸い、増田サンからいろいろ教えて頂き
野菜の生命力を感じ、自分がそういった本質的な食材とふれあえる。

いつもながらなのですが、帰ってからの仕事の最中は
とても幸せな気持ちになります。


治子サンから頂いた農園のお庭にある、紅梅とろう梅の花です。

c0130206_10362037.jpg

春の訪れを、ちょっとニブい僕に植物が
愛らしいその姿と香りで教えてくれています。
by ryo_horikawa | 2011-01-29 10:37

ヴァレンタインデー期間のお知らせ

気がつくと、もうすぐヴァレンタインデーの季節です。

この間、正月だったのに・・・早い。。。


フィオッキではヴァレンタインのデザートとして
前回ご紹介したチョコレートのテリーナを
ヴァレンタイン仕様で盛付けようと考え

こんなのを盛ると、横から佐々木氏が
「えらいポップすねえ」
の一言、で、却下。
c0130206_0305347.jpg

とりあえずはこんな感じで。
c0130206_0314078.jpg


もう少し、作り込みますが“ポップヴァージョン”ご希望の方は
是非、ご予約時にお伝えください!
(あきらめない私。。。)


他にもヴァレンタインデー期間(2/12〜14)はあえて
女性の方へチョコレートのプレゼントがございます。

本来、本場イタリアでは
サン ヴァレンティーノと呼ばれるこの日は
恋人同士がプレゼント交換し合う日。
それに因んでフィオッキからは女性の方へのプレゼント!
まぁ日本流に言えば、“逆チョコ” ですね。

是非、恋人同士、ご夫婦、や、告白しちゃう相手と???
ごゆっくりとヴァレンタインディナーをお過ごし下さいませ。

c0130206_0471042.jpg

by ryo_horikawa | 2011-01-28 00:47

イタリアお土産

c0130206_20431919.jpg



いつも当店をご利用頂いている
英語がご堪能でバリバリ仕事をされている奥様と
イタリアクラシックカー ”アバルト” 所有のご主人の
Sさんご夫妻のイタリアお土産、
ローマの老舗“カフェ・グレコ”の小菓子です。

やっぱりイタリア、パッケージがかなり可愛いですね。

このBARではエスプレッソなどに
これが一つ付いてくるそうです。

イタリアって生活の所々に楽しみがあって
人が生きる素晴らしさを感じさせてくれます。

これもやはり、長ーい長ーい歴史のなのでしょうか。

人類という歴の中で、今の自分がどの位置なのかは分かりませんが
生ある以上、小さな事で良いから楽しんでいたいものです。

Sさん、いつも素敵な物を有り難うございます!
by ryo_horikawa | 2011-01-27 10:42

ラスト・ジビエ 2010〜11

寒さ厳しいこの冬、ジビエがよく似合う今シーズン。

ジビエの旬は鴨などに移行しております。

先日長野から届いた熊をじっくりスパイスとワインでマリネして
トスカーナ州のアグロドルチェをモチーフに煮込みを作りました。
c0130206_1828773.jpg
c0130206_18273588.jpg

アグロドルチェは当ブログでも何度かご紹介しました
チョコレートやオレンジなどで煮込む料理で
野うさぎや猪で作る料理ですが、
今回は熊の肉質に少々クセがあり(イノシシ以上、ノウサギ未満)
そういったテイストだったので
この料理に決めました。

松の実は食感が大事なので最後にアクセントで
他の煮込み材料は全てピュレににしてソースにして
仕上げは先月仕込んだ熊のボッリートで取れた熊のラードで仕上げます。

生の肉の状態で料理の完成系を想像して
マリネの要素や時間を決め
煮込む野菜、ワインの量などを自分ミーティングする
やりがいのある料理です。

こういった仕事ができる事について
自然の恩恵と、形にしてくれるチームスタッフ、
そしてそれを受け入れて下さるお客様にいつもながらに感謝です。
by ryo_horikawa | 2011-01-25 18:32

頂き物

いつもセクシーでイケメンのKさんからの頂き物

“ピータン” です。
c0130206_1059383.jpg

急なキャンセルを、気になされてのものでしたが
そんなに気にしないで下さいね。

「美味しいと思うので・・・」

との一言でしたが、
「そんな言葉で片付けられませーん」
ってくらい美味しかったです。

クセはあるんけど、それを遥かに上回る
コクがありながらのクリアな口当たりで
また最後にずーっと残る余韻・・・

美味しいピータンって、こんなに旨いんだぁぁぁ。。。
c0130206_110407.jpg

スタッフみんなで感動しました。

Kさん、有り難うございます。
また、お待ちしております。





ピータンって、すんごい綺麗だぁ。。。


c0130206_111353.jpg

by ryo_horikawa | 2011-01-21 11:02

おもいドルチェ

c0130206_11553626.jpg




久しぶりに作りました。
(右田仕込み)

“チョコレートとヘーゼルナッツのテリーナ
木イチゴのソース トリノのイメージ”

特に作らなかった理由はないのですが、
作ってみるとやっぱり、このドルチェ
個人的に大好きです。

オナーシェフとして店をかまえている以上
基本的に全て自分の好きな料理なのですが
このドルチェは私の大好きな街、トリノを思い浮かべ
イタリアで教わったレシピに改良を加えて出来上がったもので
食べると一気にトリノを散歩している気分になれる
自分にとって大切な一品です。
前回のご紹介の“ニューディ”なんかもそれです。

多分Nさんから頂いたトリノのチョコに触発されたんだな・・・

なんか、こういうのを食べると
フィオッキのメニューを
新しい料理とアルバム料理に分けたくなります。

ちょっと濃厚なこのドルチェも、こんな寒い季節にはちょうど良いですね。

“重い”までいかないテイストの 私の“憶いドルチェ”、
しばらくリストに載っています。
是非、一足早いヴァレンタインを味わってみて下さい。
by ryo_horikawa | 2011-01-17 12:09

裸パスタ

パスタといってもパスタじゃない。(パスタだけど)
ラヴィオリだけどラヴィオリじゃない。
ニョッキだけど・・・
ニョッキだな。



c0130206_20433662.jpg

ちょっと変わったニョッキ“ニューディ”です。
僕のイタリア修行最後の地、南トスカーナ州のマレンマ地方で教わったパスタです。

衣を着ていない“ヌード” という意味のこれは
いわゆるラヴィオリの詰め物で
リコッタをたっぷり使ったニョッキです。

正式な名前は “ヌーディ” だと思うのですが
トスカーナ訛りからか、当時の記憶は「ニューディ」です。

増田農園のほうれん草が美味しくなるこの季節は
毎年フィオッキのメニューに登場します。

見た目と同じくかなり素朴な味の料理ですが
しみじみ美味しい〜といった味で
この見た目も含め、私個人の意見ですが
料理の性格がかなり格好良いです。

なんて言うのかな〜格好良いんです。

昔マレンマ地方は長い間貧困に悩まされていました。
この頃はみんな羊を飼い、搾取したチーズは売り、
自分たちはチーズ作りで残ったホエー(乳清)を固めて作る
リコッタを食していたそうで、
美味しいフレッシュのリコッタがたっぷり使われる料理です。

この料理が今日のマレンマ地方に伝わって来た理由は “美味しいから”
の他にも、こういった歴史を忘れぬよう
噛み締めるように作り続けてこられた事もあるのでしょう。


少し厚みがあって熟成した白ワインがテイストとしては
良く合いますが、なんだろう・・・

軽いサンジョベーゼがよく似合います。。。


c0130206_2042472.jpg

by ryo_horikawa | 2011-01-15 10:55

寒波ズッパ

2011年が始まったとたんに
かなり寒い毎日が続いています。

いやー{{{寒い}}}

そんな中の当店に、いらっしゃって頂いた方々、
有り難うございました。
寒い日、暑い日、雨の日、風の日、いつもありがとうございます。

勿論、店内は暖かい訳ですが、こう寒いとなかなか外に出れないですよね。

しかし!、寒さを押し切っていらっしゃっていただければ
増田農園からまだまだ体が温まる根菜が届いています。
冷え性の方々は、力のある根菜を!

特に今はミネストローネに根菜がたっぷり入ってますのでお薦めですよ!
c0130206_23371177.jpg


以上、寒中料理報告でした^^
by ryo_horikawa | 2011-01-14 13:45

新年会

昨日の水曜日、新宿でチーム・フィオッキ新春ボーリング大会を行いました。

ファンタジック・レーンとやらで、
暗い照明で画像がイマイチです。

c0130206_1174414.jpg
c0130206_116595.jpg



一番良い景品を3位にし、罰ゲームを4位にしたことで
かなり盛り上がりました。

今日は声が出ない・・・し、
腕も痛い・・・(明日もっと痛かったりして、、、)



で、その後は新年会で、いつものラ・ヴィータさんへ。
c0130206_1183123.jpg

みんな騒ぎ疲れてグッタリの乾杯。

しかしそこは全員酒好き、
飲みだすと勝手に盛り上がる楽なメンバーです。
c0130206_11191298.jpg

僕より10歳も年上のラ・ヴィータのオーナー須田さん。
若い!
c0130206_1117111.jpg




だって、




こんな事、一緒にしてくれるんですから^^
c0130206_1132756.jpg

(ボーリング大会の4位の罰ゲームはこれをかけて歌舞伎町から地下鉄に乗り
ラ・ヴィータまででした。ちなみに僕ではなかったです。良かった^^)


ラ・ヴィータの皆さん
今回も美味しく、楽しく頂きました!
いつも有り難うございます。

良い充電ができた一日でした。
by ryo_horikawa | 2011-01-13 11:38

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧