<   2011年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

本日のまかないは、ワイン勉強会

c0130206_17593432.jpg
c0130206_1811227.jpg
c0130206_184971.jpg
c0130206_1804236.jpg


今日の賄いは、
トリッパのパスタと子牛のカツレツ。

そして、相性は別として
今日は、みんなでお金を出し合って
ソムリエ佐藤からの、
ワイン勉強会、基本編。
(最近スタッフが入れ替わったので)
ボルドーとブルゴーニュについて、でした。

この対照的な味わいが
世界のワインのベースである事は間違いなく
深くは出来なくも、飲みながらの会が出来たので
皆、いろいろ頭に入ったんじゃないかな。

しかし、テイスティングといえど
昼のワインはちょっと利きますね^^

みんな真剣に佐藤の話を聞いてたけど
好きだね〜ワインが^^
by ryo_horikawa | 2011-04-30 18:04 | ワイン

元気な鎌倉野菜市場

c0130206_11261578.jpg
c0130206_1126313.jpg
c0130206_11271294.jpg
c0130206_1129248.jpg
c0130206_11273943.jpg
c0130206_11275216.jpg



GWの初日という事で、ちょっと気合いを入れて
5時に起き、車を洗って鎌倉へ!

やはり、今朝の鎌倉野菜市場は
いつもより活気に溢れていました。

別に予想していなかったんですが、早めに行って良かった。。。

今日も新鮮な野菜を仕入れました。
明日、増田農園からいつものおいしい野菜が届くので
今日は、控えめに、
シブレットの花や、ミニ黄色人参、
黄色トマトに、新玉葱なんかを仕入れました。

いつも花も買ってくるので
ホールの小野もちょっと忙しくなります。


市場を出て、今日は長谷寺を散歩しようと思っていたのですが
8時開園だったので、入る事が出来ず
海を見て帰ってきました。

海に出る小道がなんとも鎌倉らしい。。。

サファーが気持ち良さそうに波に乗っていました。
最近やっと、こんな風景も心穏やかに眺められる気がします。


晴れた温かい日差しの初夏を思わせる今朝の鎌倉。
海の空気を一杯に吸い込んで元気をもらったGW初日、
頑張ります!
by ryo_horikawa | 2011-04-29 11:36 | 食材

オテル・ド・ミクニへ行ってきました

c0130206_173253.jpg
昨日の定休日、ラヴィータの須田さんと
ラヴィータにちょくっちょくお邪魔しているという
フィオッキ元スタッフK林と、現スタッフのかな子さんとの4人で
オテル・ド・ミクニのランチへ行ってきました。

“みんな元気に!キャンペーン” という企画のランチだったのですが
とにかく低価格、というか破格です。

僕は初めてだったのですが
一軒家レストランという事で入ったその店内は
想像を遥かに越えるスケールでした。

帰りにはミクニシェフを囲んでパシャ!
(ラヴィータ須田シェフがミクニシェフとお知り合いな為)
楽しいランチになりました。

勉強で行ったはずが、すっかり観光気分・・・
いやいや、とっても勉強になりました!
by ryo_horikawa | 2011-04-28 17:35 | 休日

二人で歩く道は遠くない

先日にご紹介致しました一品
“エスカルゴとウドを詰めたアニョロッティ・ダル・プリン
 クリームのバーニャカウダソース”

この料理にぴったりなワインのご紹介です。

エスカルゴと言えば、ブルゴーニュのシャルドネ!
ちょっと熟成したシャルドネなんかがセオリーな訳ですが
この料理には流行りの濃い造りの物はちょっと似合わない。

そこで、ワインインポーターH君の推薦のこの一本。
“ドナ・ブラン2006”
c0130206_20392599.jpg


複雑かつシャルドネらしい果実とナッツ香がありながら
ピノビアンコのフレッシュのときに感じる桃の果実が、
その種の中身(アーモンドみたく)のようになっていて
決して重すぎない厚みと、バランスの良い果実と酸。
これぞ円熟!といった状態で
この料理にはバッチリです!
(漫画の「美味しんぼ」みたいになってきたな・・・オレのブログ・・・)

ワインは高級だから美味しいって物じゃない。
濃厚だから、凄いって訳じゃない。
甘いからって、美味しい飲み物な訳じゃない。

料理と口の中で交差しながら融けるように馴染み入って行くその旨さは、
たぶんワインの作り手が
自然からの恩恵を大切にして作り上げたものであるから感じられる物であり
値段やブランドではなく
その「性格」と「状態」にあるのだと思います。


マリアージュという「結婚」は大げさだと思うけど
このワインとこの料理、
なんだか一緒に手を繋いで歩いているみたいです。
by ryo_horikawa | 2011-04-26 21:38 | ワイン

本日と明日の営業

本日のランチは満席を頂いておりました。
お断りすることになってしまいましたお客様方々
大変申し訳ございませんでした。

また本日のディナー、明日のランチとも既に満席となっております。
お食事をご予定されていた方々、大変申し訳ございません。
明日のディナー以降はお席のご用意が可能ですので
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

もうすぐゴールデンウィークとなり、
少しご予約が取りづらい状況の日も予想されますので
お食事をご予定下さっています方は
是非、お早めにご予約のご連絡をお願い致します。
お断りするのは、とても悲しいですから。

突然雨が降ったりと、季節の変わり目に
変な空が続いています。
皆様、ご体調崩さぬよう、お気をつけ下さいませ。
by ryo_horikawa | 2011-04-25 14:33 | お知らせ

エスカルゴとウドを詰めたアニョロッティ・ダル・プリン クリームのバーニャカウダソース

c0130206_11125394.jpg



いきなり、お題からは余談ですが
今回のお任せコースは、フィオッキでは珍しく
どの料理にも、ほとんどチーズは使われておらず、
このラヴィオリの詰め物の中に、ほんの少しだけ入っているだけです。
しかし、殆どがピエモンテの山の料理であり
北イタリアを感じて頂けるコースだと思っています。
ですのでワインの選択もちょっと面白いです。
(その話は次回に)


本題に戻りまして
ピエモンテ州の代表パスタ“プリン”に山の幸を詰めて、
フリッポーでやっていた、ヴァルド風のバーニャカウダソースで和えるスタイル。

エスカルゴと山菜は本当に良く合います。

僕の経験と感覚を表現した料理だと自分では思っていまして
本人としましては、とても好きな料理です。


毎年この時期に作っている料理ですが
詰め物の雰囲気やソースの味のバランスなど
いつも、その時の感覚で少し変わっています。
それで良いと思っています。
決して以前の料理が駄目だった訳ではなく
微妙には、足したり削ったりがある、
それが工業製品でなく「人が作る料理」なのですから。
by ryo_horikawa | 2011-04-23 11:17 | 料理

パスクァ菓子、パスティエーラ

c0130206_22495453.jpg
c0130206_2246299.jpg
先日ご紹介致しました“かな子さん”が、
今度の24日のパスクァに因んで
復活祭の定番ドルチェ “パスティエーラ” を仕込みんでくれました。

只今ランチの盛り合わせで登場していますが
今月いっぱいディナーでも一皿で御用意いたします。


昨年は僕が作ったのですが、
僕のより美味しい???

いやいや、きわどい競争ですよ!(汗)

大麦が入ってしっかり甘いこのドルチェ。
流石はイタリア仕込みです。

かな子さん、ドンドン旨いの作ってね!


僕がイタリアに居た頃、その国ではパスクァやナターレは勿論
食文化が様々な祭りと一体化していました。

日本も食文化は奥が深いですが
“家族揃って” だとか、“毎年必ず” というのは明らかに薄れて来ていて
イタリアを見習っても良いのかな、と思います。

イタリアをマネして欧風文化に染まるのでは無く
イタリアの良いところを一旦吸収して
自分たちの生活に置き換え
人として、心の生活を豊かにする事は意味のある事なのではないでしょうか。

日本の24日はまた選挙です。

温かい未来に期待し、また足を運びたいと思います。
by ryo_horikawa | 2011-04-22 22:44 | 料理

鎌倉朝散歩

c0130206_1024571.jpg
c0130206_10243871.jpg
c0130206_10242669.jpg
c0130206_1024943.jpg
c0130206_1024116.jpg
c0130206_10233410.jpg
c0130206_10231713.jpg



今朝は野菜を仕入れに
いつもより少し早く鎌倉へ。


7時過ぎに着いたので、まだ早いかなと思ったのですが
到着すると市場の中は既に良い野菜の香りが広がっていました。

今朝は人参や、グリンリーフレタス、あやめ蕪やキャベツなどを仕入れました。


いつもトンボ帰りじゃ、つまらないので
ぶらっと鶴岡八幡宮へ。

子供のころの遠足から始まって
ここには何度も来ていますが
歳を重ねるごとに楽しみ方も変わるものですね。

今朝は横の庭園を散歩しました。

八重桜が綺麗に咲き、この後の主役のツツジが出番を待ち構えていました。

ピンクのツツジも愛らしいですね。

でも、なんか落ち着かず、おぼつかない写真。。。

やはり早く店に帰りたい気持ちがどこかにあるんですよね。
リフレッシュにはなるのですが
やっぱり休みの日にのんびり一日かけて散歩したいものです。



鎌倉の風情あるお寺の数々は
その昔にある、悲しい過去が背景のようです。

今回の東北の震災も
事柄は違えど復興後に、多くの悲しみの分
多くの癒しの綺麗な花木が植えられ
人々の心を癒してくれる事を願います。
by ryo_horikawa | 2011-04-22 10:29 | フィオッキあれこれ

本日のディナーは皆様アラカルトでのご注文でした

週末の営業に比べて
平日のディナーは、軽めにアラカルトとグラスワインを、
という方もいらっしゃいます。
(ほとんどの料理をアラカルトで注文可能です。)

平日は、まだ次の日お仕事の方も多いはず。

しっかりコースでなく、アラカルトで2皿くらいと
それに合わせてグラスワイン、っていうのも
良い感じですね。

お一人の方も多いのですが
何となくシックで、これもまた良し、ですね。





c0130206_22495689.jpg

by ryo_horikawa | 2011-04-21 22:52 | フィオッキあれこれ

天草の穴子と石山さんのトマトのタリアテッレ


c0130206_1892965.jpg


ちょっと早いですが穴子です。

今回のプリマヴェーラコースのパスタ料理の一皿目です。

太ってきたこの時期の穴子を燻製にして
赤ワインとともにソテーし
イタリアの香りムンムンの石山さんのトマトを合わせ
マジョラム、タイム、パセリ、バジリコのハーブカルテットを加えて出来上がり。

赤ワインでもいけるパスタにしました。

勿論、ロゼでもOKですが、軽い白よりは
だんぜん赤です。
意外と、こなれたガッティナーラも良く合いました。
by ryo_horikawa | 2011-04-21 18:11 | 料理

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧