<   2011年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

庭のお花

c0130206_113238.jpg
c0130206_1135546.jpg
c0130206_1134789.jpg
先日、母娘の素敵コンビでディナーにいらっしゃって頂いたAさん。

またまた、お庭の花を持って来て下さいました。
今回はハーブなんかもあって、お店にピッタリ。

僕がいたイタリアのリストランテ・フリッポーはそれはそれは素敵な庭がありました。
庭って良いですよね。

残念な事にフィオッキに庭はありません。
そんなフィオッキに、庭の豊かさのお裾分け。ありがたいです。

Aさんご家族はいつも素敵な笑顔。
それは植物に囲まれているせいもありますよね。
by ryo_horikawa | 2011-06-28 11:06 | 頂き物

炭火焼にサンジョベーゼ!

木曜日から忙しい日々の今週です。
ご来店頂いたお客様、有り難うございました。

ちょっと疲れると、すぐワインに依存してしまう僕は
またワインについて書いています。



前回ご紹介した、鳩。
それは、正に鉄分の料理。

ですのでワインもレバーに合うような要素の
鉄分がしっかりあって、生きた甘い果実があって
鳩に負けない旨味とパワーがあって、
炭火でオリーブオイルで仕上げる二要素にあうオリーブっぽさがあって
それにあうフレッシュ系スパイス感もあるワイン。
(うんちく長すぎー)
でグラスで開けられる価格のもの。

僕はこれが良いと思っています。
c0130206_11132279.jpg

“ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ CIACCI PICCOLOMINI D'ARAGONDA 2004”



先日に奥様とご来店頂いたソムリエ君は
鳩と一緒に、おかわりまでして頂きました。(元スタッフです^^;)


鳩に良く合い、コースの締めくくりが似合うワインです。
by ryo_horikawa | 2011-06-26 11:14

誕生日プレゼント

休日の夕食は、馴染みの店ラ・ヴィータ

イタリアの空気が流れてて
美味しい料理とワイン、そして楽しいスタッフ。
いつもながらに、ニュートラルな時間が過ごせました。

今回お相手頂いたのは、当店のお客様である小川さん。
彼は信濃町にある成山堂書店という出版社の3代目若旦那。
仕事、私生活、勉強としっかりこなす誠実な方です。
僕よりぜんぜん若いのに・・・(汗)。
男二人、いろいろ語り合えた貴重な時間でした。

いつもお洒落な彼が僕の誕生日プレゼントにと手渡してくれたのが
この伝統工芸品の団扇。
c0130206_11475199.jpg

なんとも粋なプレゼントに大喜びの僕でした。

今年は着物でも着て、夏祭りなんかに行きたいなぁ。
by ryo_horikawa | 2011-06-25 11:50

日記 <昨日>

昨日のランチはポッカリ穴が空いた様に静かな営業でした。
その分、
いらっしゃって頂いた菅原ガラスの奥様と料理研究家の素敵なお二人と
ゆっくりお話が出来て良かったかな。

ディナーは、
いつも楽しくお話させて頂いているOご夫婦。
サクリサッシ・ビアンコを沢山お飲み頂いたKご家族。
昨日はお一人でのご来店でゆっくり酒談義をさせて頂いたSさん。

毎日楽しく仕事をさせて頂いております。
いつもフィオッキを可愛がって下さる皆様や
頑張ってくれているスタッフに感謝です。

蒸し暑いですけど、今日も一日良い汗かけるよう頑張ります!
by ryo_horikawa | 2011-06-21 10:33

増田農園

おなじみラ・ヴィータさんのブログを拝見したら、
今朝の僕が感じていた事を本当に行動していた人がいました!

只今の農園はこんな感じなんですね^^

夏野菜、美味しいです!!
by ryo_horikawa | 2011-06-19 23:21

ビール・・・

気になっていたビールが届きました。

c0130206_23145999.jpg

c0130206_23152035.jpg


イタリアのCOLLESIというメーカーがリリースした
ちょっとモダンなビールです。

外見も然ることながら中身も結構モダンな味。
日本のビールとは全然違う路線ですが
イタリア料理の前菜などに良く合いそうです。

ただ、この先ドリンクメニューに載るかは・・・
検討中です。

とりあえず、まだ少し在庫がありますので
試してみたい方は、お声をかけて下さい。


父の日でしたので、ビールのお話でした。
さっ!ビール飲もっ!
by ryo_horikawa | 2011-06-19 23:17

リアル野菜

「今日は父の日ですね〜」
なんてブログに書こうと思っていたら
そんな事ほったらかしで(世の中のお父さんご免なさい)
僕のテンションをアップさせてくれる野菜たちが届きました。

いつもの増田さんからなのですが
今朝の荷物には沢山のメッセージと
季節の野菜が入っていました。
絵も可愛いくて、心がホッと温かく緩くなれます。

c0130206_1111412.jpg

c0130206_11113092.jpg


ゴールデンボールやプッチーニといった増田農園ならではの
ちょと珍しい瓜類をはじめ
一般的な枝豆に胡瓜にヤングコーン。
スーパーで当たり前に見かけるわけですが、
こういった野菜ほど、自然と寄り添って実る増田さんの野菜は
僕にリアルに夏の訪れを感じさせてくれます。

だから、行きたくなるんだな。あそこに。
by ryo_horikawa | 2011-06-19 11:18

やっぱりこの鳩は、炭火焼き!

只今のお任せ旬菜コースのメイン料理は
二宮さんのエトフェ鳩の炭火焼 その内蔵のギオッタ風ソースです。
c0130206_11193121.jpg

画像は、まかないで全員で試食用だったので
実際のボリュームより少し多めになっています。

この鳩の美味しさは、当ブログでも何度かご紹介しておりますが
召し上がって頂かないと分かって頂けない深い味があります。

しかし、ここでいうなれば、上質な甘いレバーのような味も持っています。
それは臭みはなく、まろやか!
今回はエトフェ(窒息屠殺で体内に血を残しています)の、
その旨味を味わって頂くべく内蔵をソースにしているので
血のニュアンスは強いです。


根本的にレバーがお苦手な方にはやはり難しい食材なので
他のものと変更致します。


ちょっとグロテスクな文になりましたが
内蔵や、赤身のお肉が好きな方には、大変オススメです!!!




頭もつけますよぉ。
by ryo_horikawa | 2011-06-18 11:24

天領牡蠣には、この1杯。

下の画像を撮ったのは夕方6時。

窓からは夏を思わせる夕暮れの陽射しが、日の長さを教えてくれます。

c0130206_1910038.jpg


このワインは“サクリサッシ・ビアンコ 2005”

先日ご紹介した白バージョンです。
このドゥエ・テッレという作り手にこだわっている訳ではないのですが
赤ワインに続き、この白のご紹介となりました。

この白、開けてびっくり2年前とは、大変身。
素晴らしい状態です。

スパイスやキノコの綺麗な熟成香。

殘糖の無いタイトなテイストなのにどこかふくよか。

果実の旨味も然ることながら、そこからは土の要素をたっぷりと含んでいて
天草の天領牡蠣と、とても良く合います。
もしくは
こなれた赤、特にネッビオーロが良く合います。

そういう訳で、グラスワインコースをご注文の方は
牡蠣はパスタの後にセコンド・ピアットとして
お召し上がり頂く事をオススメしております。
(先日お越し頂いたSさんから頂いた一言
「今日はこれで終わりでも納得いく美味しさでした。」
で、この考えに行き着きました。)

ワインをお飲みにならない方は
やはり二皿目の前菜が良いと思います。
やっぱり半生なので、パスタの後じゃ口の中がしっくりこなそうに思います。
(僕はこの牡蠣をお酒抜きには食べられません。禁断症状がでます^^)

天草コースは、このワインと最後のメイン料理に出てくるネッビオーロを
牡蠣に合わせてお楽しみ下さい。

本当に美味しいので、とにかく試して欲しい牡蠣とワインです。

仕事帰りに、カルトで
牡蠣1個とワイン1杯ってのも良いのではないでしょうか!?。

生で白、オーブン焼きで赤のダブルコンビネーションなんか最高です。
by ryo_horikawa | 2011-06-16 21:20

土曜日のディナー

昨日は、常連さんの多かった営業でした。

いつもいらっしゃって頂いているSさん。
日本各地で美味しいものを召し上がっていらっしゃっていて
今回もご予約の電話でしばし岩牡蠣談義。
昨夜、天草の天領牡蠣を召し上がって頂いた後
とっても喜んで頂けました。
ホッと一息です。^^
やはり天草の海は凄い!

お客さまにお出しする直前に焼くポルチーニ茸もそうですが
牡蠣もオーダーを頂いてから殻を開け準備に入るので
調理場は常にてんやわんや。
ですので、あらかじめコースお決め頂いたお客さまが多かった
昨夜の調理場と致しましては
準備がしかっりと出来て瞬間的な調理に集中できました。

皆様、有り難うございました。

ご予約して頂きますお客樣方、
スタッフ一同より高いクオリティー料理を目指します。
是非フィオッキ・ホームページをご覧頂きまして
ご来店までにコースをお決め下さいませ。

「美味しかった〜〜〜」
の最高に嬉しいシンプルなこの言葉が
少しでも多く店に生まれる様に。。。
by ryo_horikawa | 2011-06-12 22:25 | フィオッキあれこれ

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧