<   2014年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今週末の空席状況

早いもので、もう11月ですね。
皆様、季節の変わり目、朝晩は冷え込んできます。
ご体調管理、お気をつけ下さいませ。


今週末は、ディナーが既に満席を頂いてしまっております。
ランチももうすぐ満席になってしまいそうです。
ご予約はお早めがよろしいかと思います。


11月1日(土)ランチ・・・残り4名様
     ディナー・・・満席

2日(日)・・・ランチ・・・残り4名様
      ディナー・・・満席

3日(月)ランチ・・・満席
      ディナー・・・お席の余裕あり

4日(火)ランチ・・・お席の余裕あり

尚、11月4日(火)ディナーから11月6日のディナーまで、
新店舗の開店準備の為、臨時休業を頂きます。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
by ryo_horikawa | 2014-10-31 19:16 | お知らせ

ご報告

突然ではございますが
来月の11月7日に当店のあるビルの2階にて
違ったコンセプトのお店をオープンいたします。

店名は、“ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ” です。
ズッペリアは、イタリア郷土スープ屋さんの意味。
でもイタリアにこの様な店は無く、僕の勝手な総称です。
オステリアは、イタリアによくある、お酒の楽しめる気軽なレストランや酒場の事。
そして、ピティリアーノは、僕がイタリア修業時代の最後の3ヶ月を過ごした、
大好きな街の名前です(正確には隣の村)。
洞窟の上にそびえ立つ天空の街です。
この地域はイタリア中部のトスカーナ州の南に位置する、マレンマという地方です。
この地方にいた時、まかないでシェフに郷土料理を沢山作って頂いたおかげで
風景は勿論、料理もとても好きな地方になりました。

常に良い気分でお店と向き合えるよう
僕の好きな街の名前をお店の名前にしました。


フィオッキも最初はトラットリアからのスタートでした。
しかし、時と共にイタリアで経験したリストランテのスタイルに料理が流れて行きました。
これは自分の心の向く方に行った自然な姿でした。
でもその反面、やはりイタリアの郷土料理をダイレクトに伝えたい。
という思いも消えないままでした。
そして、増田農園や鎌倉野菜市場で出会う美味しい野菜や、
天草から送られて来る魚。そして各地から届く肉と触れ合っていると
やはりその思いは加速する一方でした。

またゼロからのスタートが始まります。
小さなお店ですし、フィオッキのクオリティーを一番に考えていますので
2階店舗のピティリアーノは、細々とスタートさせて頂きます。

また詳しい事はいろいろとお知らせさせて頂きますが
先ずはご報告まで。

いくつになっても1年生。でも今回は本当に1年生。

スタッフ一同、初心を大切に頑張ります。
応援、どうぞよろしくお願い致します。


画像はピティリアーノの街の風景です。
紀元前からといわれるエトルリア人の洞窟式住居の上に
中世の頃、この街ができました。

現在もワインセラーなどとして、この地下の洞窟が街の至る所で使われています。

ここで休日のんびりしていたのは
今となっては本当に夢のよう。

大昔にタイムスリップ出来る、崖の上の天空の街なのであります。





c0130206_23575826.jpg

by ryo_horikawa | 2014-10-25 00:04 | ズッペリアのあれこれ

洋梨のスープ そのコンポートとリコッタクリーム、チョコレートのジェラート添え

c0130206_1724124.jpg

旬菜コースのドルチェです。
今回もユミちゃんが試行錯誤の上
完成させてくれました。

洋梨のをスープにし、そのコンポートを沈め
リコッタクリーム、チョコレートのジェラート、
上からアーモンドのチャルダとセルフィーユのサラダ。

何度も試作を繰り返し、出来上がったこのドルチェは
スプーンですくって頬張れば
三位一体、洋梨の美味しさが口一杯に広がります。

ユミちゃんご苦労様でした。


今回のコース、全体的に重たい訳ではないですが
どことなく濃度のある全体像。

最後に爽やかに締めてくれるのです。
by ryo_horikawa | 2014-10-18 17:25 | 料理

鴨の煮込みとサラミ、アマレッティを詰めたトルテッリ カボチャのプーレ添え

c0130206_14462824.jpg



旬菜コースのパスタ2皿目は
詰め物パスタのトルテッリです。

中には鴨の煮込みとサラミ、林檎、
そしてアマレッティというビスケット、チーズなどを詰めています。
これはヴェネト州の鴨に詰め物をしてローストする料理のアレンジ版です。
このパスタの下にはカボチャのピュレを敷いていまして、
これまたアレンジといいますか
ヴェネトのお隣のマントヴァという街に
カボチャとアマレッティを詰めたトルテッリという郷土料理がありまして
これは相性抜群ということで、
一旦ゴチャ混ぜにしてから組み立て直したというような料理であります。

味は口の中でしっかりとまとまってくれていると思います。
そしてほんのり甘い仕立てがイタリアを感じて頂けるのではと。。。

相性の良い焼き林檎と秋トリュフを添えてお出ししております。


カボチャも追熟していて今、美味しいですよ!
by ryo_horikawa | 2014-10-17 16:55 | 料理

今秋の旬菜コース

今回の旬菜コースの全容です。

当ブログですでに何品かご紹介しておりますが
一品一品のアップはちゃんと写真でアップしますので
照らし合わせてみて下さい。

よりコースのイメージがお伝え出来れば幸いです。



c0130206_11481468.jpg

by ryo_horikawa | 2014-10-14 11:55

スパゲットーニ マダイとカルドンチェッリ茸のソース カラスミ添え

c0130206_11404562.jpg


旬菜コースの最初のパスタ料理です。

イタリアのカルドンチェッリ茸の軸と
アサリのジュと天草のマダイのブロードでピュレを作り
そのにオリーブとハーブを加え太いスパゲッティで和え、
炙ったマダイとカルドンチェッリ茸を添え
上からハーブ、ローストパン粉、カラスミを散らして完成です。

鯛のコクと茸の風味を存分に味わって頂けるよう仕立てたつもりです。

ワインもちょっと深みある系ですかね。
by ryo_horikawa | 2014-10-14 11:45 | 料理

旬菜コースの前菜

c0130206_1811299.jpg
只今の旬菜コースの、最初の前菜、アナゴのロトロです。

ロトロはロールしたという意味でアナゴを巻いて蒸した冷菜です。
中にはミントとバジリコ、セージを詰めています。

ソースは焼きナスのピュレソース。

バルサミコ酢をアクセントにしております。

添えてある葡萄も相性が良いです。

秋本番、ちょっと濃厚な前菜でスタートです!
by ryo_horikawa | 2014-10-13 18:02

本日のラストオーダー

本日は台風接近のため、19時ラストオーダーとさせて頂きます。
よろしくお願いいたします。
by ryo_horikawa | 2014-10-13 17:32 | お知らせ

白トリュフ 2014

c0130206_2385442.jpg
今年も始まりました、白トリュフ!

まだ出始めですが、状態はなかなか良かったです。

香り、凄いです。




今回の旬菜コースでは、この料理にプラス¥2000でおかけしております。
画像は試しなので、ほんの僅かにしか白トリュフがかかっていませんが
実際は原価を忘れ、しっかりとおかけいたします!

c0130206_2394346.jpg



黒部大鱒のキューブを低温で加熱し、上から栗のズッパをかけた一品。

このズッパはピエモンテ州の
栗とお米のミルクのズッパなのですが、
非常にドッシリお腹にくるので
盛付ける時に、ブレンダーで撹拌し、少し空気が入って食べやす状態で
器に流しています。

これに上から白トリュフをかけると・・・


是非、お試しください!
by ryo_horikawa | 2014-10-11 23:14 | 料理

本日の料理

すみません、題名に嘘はないのですが
正確には、本日までの料理ですm(_ _)m。

明後日の木曜日の食材の入荷次第では、木曜日もご用意できます。

ポルチーニ茸と海老のトルテッリです。
c0130206_1415742.jpg

この一皿のテーマは、ポルチーニ茸をイロイロな表現で楽しんで頂きつつ
相性の良い海老と合わせつつ、海老とも相性の良い豚のパンチェッタをコクとする。
です。

トルテッリの詰め物は、ソテーしたポルチーニ茸と海老、
ジャガ芋と少しのタレッジョチーズ、そしてハーブとスパイスです。

ソースはポルチーニ茸のピュレ。

そこにパンチェッタで巻いた海老のローストと
ポルチーニの傘の部分のコトレッタを添えます。

最後に、ポルチーニ茸の軸とパンチェッタのカリカリソテーに
トマトを加えたトリフォラートを添えています。

いろいろと足し算した様な料理のようですが
味の構成は実は以外とシンプルで
食材の存在をお楽しみ頂けるのではと、思っております。


秋色なワインが合うと思います。



ドルチェは、無花果のトルティーノ 無花果のソルベットと赤ワインのソース
です。
c0130206_14191699.jpg



今回もドルチェ担当のユミちゃんが
試行錯誤して作り上げた一皿です。

無花果らしさ。
食感。
味と香りの構成のバランス。

僕の注文も多い中、上手くまとめあげてくれています。

初秋の雰囲気を込めた一皿であります。



本日までかもしれませんが、お時間ある方は是非お試しを!
by ryo_horikawa | 2014-10-07 14:23 | 料理

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧