<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2016クリスマスメニュー

Xマスのメニューです。

まだお席に余裕がございます。
ぜひクリスマスの特別な夜をお楽しみください!

なおご予約に際しましては <キャンセルポリシー> を必ずご確認くださいますようお願い申し上げます。

尚、23日〜25日のディナーは下記の通り2部制にてご予約を承っております。

第1部・・・17:30〜20:00
第2部・・・20:30〜23:00
(アレルギー食材のみ、お料理を変更いたします。アレルギーをお持ちの方はご予約の際にお伝えくださいませ)


2016Xマスディナーメニュー

¥10,000

(税、サービス料10%、別)


Stuzzichini

鶏レバーのペーストを詰めたシュー

***

蕪とセロリの温かいヴェッルタータ ゴルゴンゾーラチーズとトリュフを浮かべて

***

Antipasti

オマール海老、ホタテ貝柱、ヒラメと根菜のカクテル キャビア添え

***

“鮟鱇と豚” 鮟鱇の身はパンチェッタを巻いてロースト あん肝はスフォルマート

皮や内臓、あら肉などはコロッケにして ザクロのマリネと共に

***

primi piatti

トルテッリ 洋梨とタレッジョチーズ、ポレンタの詰め物

燻製した鴨肉と洋梨と長葱のストゥファート、黒トリュフをあしらって

***
secondo piatto

本土鹿のロースト スパイスを効かせたポートワインのソース

鹿腿肉の煮込みとポルチーニ茸のストゥルーデルと、焼き林檎 

***

Dolce

~ Xmasドルチェ2016 ~

チョコレートのトルタとパウダー、ナッツとベリーで

***

Cafe

お食後の小菓子とカフェ


 



<キャンセルポリシー>
ご予約のキャンセルについて
・頂きましたご予約は当日の数日前に当店よりご連絡をさせていただきます。3日前までに確認が取られない場合、誠に勝手ながらご予約をキャンセルとさせて頂きます。
・キャンセル料につきましては、人数様分のお食事代金を、前日に50%,当日100%頂戴いたします。
・ご予約はご予定が確実になってからお願い申し上げます。

ご理解のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

by ryo_horikawa | 2016-11-21 20:53 | お知らせ

トリュフと大根をまとった牡蠣 スプマンテと牡蠣ブロードのクリームソース

c0130206_11041077.jpg
三陸の牡蠣が美味しいです!
今がピークかな?という感じですね。

もうすぐ終わりではあるのですが
旬菜コースの温前菜としてご用意しております牡蠣料理です。

牡蠣はトリュフを中に入れ大根の薄切りで巻き付け
煮詰めたスプマンテと牡蠣のブロードの中で
優しく火を入れて、最後にボラージネの葉に火を通して盛り付け
クリームでソースを仕上げて完成です。
上に添えた花はボラージネの花です。
添えたパンのフリット、なぜかよく合う〜

牡蠣は生が一番!という方も多いです。(僕も ^^)
しかし、サッと軽くだけ火を通した牡蠣もまた美味しいです。
特にこういうソースには!

ぜひ!








当店ではスタッフを募集しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

採用担当:堀川
03-3789-3355

by ryo_horikawa | 2016-11-20 11:12 | 料理

2周年のご挨拶

木の葉の色も変わり始め、
気づけばズッペリア・オステリア・ピティリアーノも
お陰様で2周年を迎えられました。

商店街の中でありながら何でわざわざ隠れ家的?
っていう感じの営業ですが多くの方に支えられ毎日営業できております。

ちなみに隠れているわけではなく
単純にフィオッキの2階に店を作っただけなのですが・・・

現在はズッペリア・オステリア・ピティリアーノは
フィオッキで十分に腕を磨き、それは正に僕の右腕!のカイシェフ。
そしてホールはコレまたフィオッキからずっとお馴染み小野ちゃん。

本当に安心して任せられおりますし
お客樣方にも、お楽しみいただけているように見えます。

と言うか、僕もお客で行きたい・・・


3年目も頑張ります!(頑張ってくれると思います!)
ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。



c0130206_18334723.jpg
c0130206_18340683.jpg
c0130206_18343610.jpg
c0130206_18341939.jpg
c0130206_18354170.jpg






by ryo_horikawa | 2016-11-11 18:36 | ご挨拶

タリアテッレ 牡蠣と蕪、生ハム、トリュフのソース

c0130206_14291641.jpg

煮牡蠣のクリームソースで和えたタリアテッレです。
蕪と蕪菜をそのスープで煮てクリームを加えてのソースです。
レモンピール、ナツメグ、白胡椒、少しのグラナチーズが隠し味(←昭和の表現?)。

画像は試作時の物なのでありませんが、生ハムもアクセントに。

最後にタイムと黒トリュフです。

煮牡蠣と蕪がゴロッとしたクリームソース。
フィオッキのランチでご用意しております!





当店ではスタッフを募集しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

採用担当:堀川
03-3789-3355

by ryo_horikawa | 2016-11-04 14:30 | 料理

猪のカッペレッティ・イン・ブロード 松茸フィニッシュ!!!


c0130206_17225162.jpg
c0130206_17231338.jpg
c0130206_17232426.jpg


伊那からとんでもなく上質な松茸が届いておりまして
ズッペリア・オステリア・ピティリアーノにて
カイシェフはこれまた伊那から届いた猪を
じっくりと炊いて美味しい〜〜スープをとりました。
この時の煮た肉を詰め物としたパスタ、カッペレッティに。
猪のスープにこのパスタを浮かべ、この松茸も入ります。
c0130206_17222471.jpg
すごーーーーく良い香り!
やっぱり松茸はスープに入れられて活きてきますね!


ちょっと寒くなってきた最近、
ちょっと贅沢なスープはいかがでしょうか。

オススメですよー!







当店ではスタッフを募集しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

採用担当:堀川
03-3789-3355

by ryo_horikawa | 2016-11-03 17:25

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧