<   2016年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

チャバッタ


ズッペリアでお出しております、パンです。


イタリアで最も?ポピュラーなチャバッタです。


ロンバルディア州で生まれ、意味はスリッパ、かな。


今はパン屋さんで働いている、元スタッフのカナコさんが

サッと現れイロイロお喋りしながらサッと焼いて帰っていきます。



う~ん・・・・


見ていると、本当に適当にやっているようなんだけど(カナコさんゴメン)

良い感じに出来上がるんです。


多分、生地の触り方とかの扱い方なんだろうけど。。。





*フィオッキとズッペリアは共に、21日(水)と28日(水)はランチ、ディナーともに営業いたします。
またフィオッキでは、20日(火)よりクリスマスディナーのご用意がございます。

ご予約をお待ちしております!



by ryo_horikawa | 2016-12-13 17:51 | 料理

ズッペリア・オステリア・ピティリアーノのメニューが少しリニューアル!

c0130206_14403721.jpg
ズッペリア・オステリア・ピティリアーノのメニューを少し増やしました。

それと同時に価格が下がったメニューもあります。
パスタなどは乾麺のスパゲットーニやペンネなども。

よりお気軽にお楽しみください!

詳しくは下記にグランドメニューを表記いたしましたんで
ご興味のある方はご覧ください。


上の画像はセコンドピアット(メイン料理)の肉料理で
”ブリオーネ”です。
ピティリアーノ村の料理で、またの名をズッパ・ディ・アニェッロ。
トマトでじっくり煮込んだ羊肉に上質なヴァージンオイルを絡め
最後にローストしたパンに絡めてお召し上がりいただきます。


ワインはやはり同じマレンマ地方の赤ワインが良いですね。

c0130206_14410416.jpg
左はモレッリーノ・ディ・スカンサーノ。
スカンサーノ村のサンジョベーゼ種で、いわゆる地のワイン。
素朴な美味しさ溢れます。

中央は以前にもご紹介しました、我々も訪問させていただいた
ブリケッラ農園の"ルビーノ”
ふくよかな果実ですが後味スマートで飲み口の良いワインです。

右はアンペレイヤのカベルネフラン。
野生酵母で造られるいわゆるヴァン・ナチュール。
女性が作るワインで、華やかでありながら飲みごたえある骨格のあるワインです。

この他にもイロイロ色々いろいろと取り揃えております!

お楽しみください!

*フィオッキとズッペリアは共に、21日(水)と28日(水)はランチ、ディナーともに営業いたします。
またフィオッキでは、20日(火)よりクリスマスディナーのご用意がございます。

ご予約をお待ちしております!




Menù delle regionali italiane

各地から届くこだわり生産者さんたちの元気な野菜や肉料理をダイレクトにお楽しみください

COPERTO

コペルト                     お一人様に付き ¥ 500

✢✢✢ ANTIPASTI ✢✢✢(前菜)

Sotto aceto

元気な生野菜のソット・アチェート(ピクルス)          ¥ 700
Salame felino

ランギラーノ産フェリーノ・サラミとオリーブ           ¥ 1200
Pinzimonio

元気な生野菜盛りだくさんのピンツィモーニオ           ¥ 1200
Caponata

野菜のトマト煮込み ”カポナータ”                ¥ 800 

Verdure alla griglia

各地からの元気な野菜3種炭火焼                 ¥ 1000

Cappa romana

“コッパ・ロマーナ” 豚肉のいろいろな部位のテリーヌ        ¥ 800  

Pate di fegato alla toscana

鶏レバーのトスカーナ風ペースト(クロスティーニ)      ¥ 800

Lampuledotto

フィレンツェの屋台料理 “ランプレドット” 牛胃のボイル      ¥ 1400

Trippa alla romana

トリッパのトマト煮 ミント風味                  ¥ 1000


✢✢✢ LE ZUPPE ✢✢✢

  (イタリア郷土スープ)


Acqua cotta

“アクアコッタ”

 卵を落としたパンとトマトとセロリのズッパ マレンマの代表的なズッパ ¥ 1200

Zuppa di farro

“ズッパ・ディ・ファッロ” スペルト小麦入り、豆のズッパ  

  ウンブリア州の郷土ズッパですが、マレンマでも食されています。  ¥ 1200

Ribollita

“リボッリータ” パンを溶かした黒キャベツ入り野菜のグラタン       ¥ 1100

Zuppa di fagioli

“ズッパ・ディ・ファジョーリ” 三種の豆の裏ごしズッパ         ¥ 1200

Farinata

”リンファリナータ” 黒キャベツ入りトウモロコシ粉のズッパ        ¥ 1200

Pappa col pomodoro

“パッパ・コル・ポモドーロ” パンとトマトの粥状ズッパ           ¥ 1100

Cipollata

“チポッラータ”

サルシッチャとパンチェッタ、玉ねぎ、トマト風味のシンプルなズッパ

かき玉状に仕上げたウンブリア風                   ¥ 1200


Minestrone

元気な野菜を沢山煮込んだ田舎風ミネストローネ              ¥ 1400

Tofeja

“トフェイヤ” 豚の頭や足と豆のスパイス煮込みズッパ            ¥ 1400

Ciuppin

“チュッピン” 天草の白身魚とタコやエビ、アサリを

 たっぷり煮込んで裏ごし、パンに浸すリグーリア州のズッパ       ¥ 1700

✢✢✢ MINESTRA ASCIUTTA ✢✢✢

    (手打ちパスタ)

Pici Aliata

“ピーチ アリアータ”

  にんにくの効いたトマトソース ピティリアーノの代表料理       ¥ 1300


Gnudi

ホウレン草のニューディ (リコッタベースの大きなニョッキ)

 トスカーナのヴァージンオイルで マレンマ地方の歴史を語る料理   ¥ 1500


Umburicelli

ウンブリチェッリ マッシュルームのラグー                ¥ 1300


Pappardelle

“パッパルデッレ” お肉のラグー                   ¥ 1400


Sciaratelli

シャラテッリ(モチっとしたセミロングパスタ) 白身魚とアサリのソース ¥ 1600


Tagliatelle

“タリアテッレ”  トレビスとパンチェッタのクリームチーズソース   ¥ 1600


Spagettoni

スパゲットーニ カチョ・エ・ぺぺ(ペコリーノチーズと胡椒)    ¥ 1400


penne

ペンネ・アラビアータ                       ¥ 1400


Risotto

ゴルゴンゾーラチーズとクルミのクリームリゾット           ¥ 1800




✢✢✢ SECONDO PIATTO ✢✢✢(炭火焼料理)

Pesce spada con retina di maiale

メカジキの網脂巻き炭火焼 ローリエをサンドしたブロシェットの炭火焼

  トスカーナ州やラツィオ州の沿岸部の料理             ¥ 1800

Fegato di maiale con retina di maiale

豚レバーの網脂巻き炭火焼 ローリエをサンドしたブロシェットで  ¥ 1700

Bistecca

赤身和牛ロース肉の炭火焼                   200G:¥ 4500

Pollo al brace

二宮さんの筋肉鶏の炭火焼                   1/2 ¥ 3500

Maiale al brace

帯広の薮田さんが育てた豚ロース肉の炭火焼           300g ¥ 3500

Anatra al brace

二宮さんの鴨胸肉の炭火焼        1 枚(約350g)¥ 4000  1/2枚 ¥ 2200    


✢✢✢ SECONDO PIATTO ✢✢✢(煮込み料理)

Coda alla vacinala

“コーダ・アッラ・ヴァチナーラ” セロリ入り、牛テール肉のトマト煮込み                    ローマの古典料理                        ¥ 4200

Arrosuto di coniglio

イタリアヴェネト産ウサギのカルミニャーノ風アッロスト       ¥ 4200

Scotiglia

“スコッティリア”                          ¥ 3000

 仔牛、二宮鶏、薮田豚の白ワイントマト蒸し煮込み 南トスカーナの郷土料理 

Lingua in agro dolce

牛タンの赤ワイン、チョコレート、スパイス、松の実、ドライフルーツなどの煮込み

 中部イタリアの山料理                        ¥ 2800

Buglione

“ブリオーネ” 仔羊肉のトマト煮込み マレンマ地方の郷土料理      ¥ 3200

Peposo

牛スネ肉の赤ワイン黒胡椒煮込み フィレンツェの大工さんの料理     ¥ 3500

✢✢✢ DOLCI ITLIANNI ✢✢✢デザートは別紙にて  ¥ 600~

   メニューの価格に別途消費税8%、サービス料5%を頂戴しております〜


by ryo_horikawa | 2016-12-13 14:44 | お知らせ

白子のコトレッタを乗せた茸のリーズィ 黒トリュフをかけて

c0130206_10400894.jpg
ただいまランチでご用意しております一皿です。

なんていうか・・・僕が好きな感じそのままをお皿に乗せた料理です。

帯広の薮田さんが抗生物質など使わずナチュラルに飼育した豚肉の腹で仕込んだベーコン(藁燻製)と、ジロル茸とトランペット茸でスープの多いリゾット”リーズィ”をお皿に流します。
その上に、こんがりと焼いた熱々の白子のコトレッタを乗せ、冬の黒トリュフでフィニーーーッシュ!!!です。

ベーコンの薫香が広がったスープの多い茸リゾットに、サックリ衣と白子のトロ〜リにトリュフの香りが・・・


ですから僕の好きな感じそのままなんですぅ〜〜〜


ワインも進みますよ^^!




by ryo_horikawa | 2016-12-11 11:14 | 料理

冬野菜!

c0130206_10145990.jpg
根菜が美味しい〜〜〜!

そしてブロッコリーやカリフラワー、白菜なんかも美味しい〜〜〜!

やっぱり夏になれば夏野菜を、冬になればこうした冬野菜を欲しくなりますね。

増田さんの野菜、絶好調です!

ズッペリア・オステリア・ピティリアーノのランチでは
こうした新鮮ウマウマ野菜をサッと蒸してド〜〜〜ン!とご用意しております。
(夜の営業では炭火焼に!)

ぜひお召し上がりいただきたい野菜のチカラです!



*フィオッキとズッペリアは共に、21日(水)と28日(水)はランチ、ディナーともに営業いたします。
またフィオッキでは、20日(火)よりクリスマスディナーのご用意がございます。

ご予約をお待ちしております!


by ryo_horikawa | 2016-12-11 10:17

仔羊の炭火焼

c0130206_10023234.jpg
クリスマス期間、スッペリア・オステリア・ピティリアーノでは
カイシェフが仔羊を炭火で焼くそうです。

カイシェフは肉が焼くのが大好き^^。
そういう人が焼く肉は美味しい!
試作というか、自らが自腹で購入した肉を焼き
僕たちに振舞ってくれました。
とにかく焼きたいみたいです^^!いや、優しさか。

画像を見るそのままなのですが
ジューシーにしっとり焼かれおります。

手間の塩をチビチビつけなら
厚切りの肉を頬張ってください!

ワインは相性いろいろです。
お好みのワインで〜〜〜!

クリスマスだし、ちょっと良いワインで!というのも揃えております。

ぜひ!


*申し訳ございません、24日のディナーのみ、ズッペリアも満席をいただいてしまっております。

なお、フィオッキと共に、21日(水)と28日(水)はランチ、ディナーともに営業いたします。
また20日(火)よりクリスマスディナーのご用意がございます。

ご予約をお待ちしております!



by ryo_horikawa | 2016-12-11 10:02

12月の特別営業

c0130206_17492980.jpg
早いもので今年も残り3週間ですね。

フィオッキでは21日(水)と28日(水)はランチ、ディナーともに営業いたします。
また20日(火)よりクリスマスディナーのご用意がございます。

ご予約をお待ちしております!

なおクリスマス期間中、
すでに満席をいただいてしまっております営業日もございます。
お電話にてご確認くださいませ。


では師走の候、お身体を大切にご自愛くださいませ。







by ryo_horikawa | 2016-12-10 17:49 | お知らせ

熟成寒鰆 春菊、蜜柑、紅心大根のサラダで

c0130206_18475030.jpg
只今の旬菜コースの前菜です。

魚偏に春と書くので旬は春とされていますが
秋や冬も美味しいんです。
1年中美味しい?というとそうでもないのですが
とにかく今は寒鰆と言われていて脂乗りが良いんです。
というのも寒くなると他の季節よりも海の深いところに移動する鰆。
その分、脂や旨味を体内に溜め込むようで。
うまい!
市場で状態の良いものがあるときに仕入れ
1週間くらい熟成させてからご用意しております。
そうなんです。
そうするとより旨味が出て美味しいんです。
その鰆を厚く切って皮目を炙ります。
あとは相性の良い春菊をソースに。
蜜柑とその皮のクラッシュ。
紅心大根のスライスなどなどでサラダにしてご用意しております。

僕の意見ですが
(自分で作っているので手前味噌〜〜〜)
美味しいです。はい。

ぜひお召し上がりいただきたいです。
鰆のイメージがちょっと良くなると思うんだよな〜









by ryo_horikawa | 2016-12-05 18:52 | 料理

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧