<   2017年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

3月、4月のお休み

3月も残すところ僅かです。


今月と4月のお休みは下記の通りです。


ご予約の際はご確認のほどよろしくお願いいたします。




<3月のお休み>

フィオッキ、ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ共に

27日(月)~ 29日(水)までお休みをいただきます。

(スッペリア・オステリア・ピティリアーノは木曜日のランチもお休みです)




<4月のお休みは>

フィオッキ、ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ共に

毎週水曜日

他、27日(木)がお休みです。





画像は、「オレキエッテ 菜の花とアンチョビ」

ズッペリア・オステリア・ピティリアーノにて

c0130206_23564811.jpg

*フィオッキでは2017年4月1日より、ランチがリニューアルとなります。
ご予約の際ににはこちらをご確認の程宜しくお願い申し上げます。


by ryo_horikawa | 2017-03-26 00:01 | お知らせ

ワラサのカルパッチョ

c0130206_11291827.jpg





小田原のワラサ。いや、ほぼ鰤。

良い感じになってきました。

今日からズッペリアにてオンメニューします。


味が出るのに3日かかった。。。

やはり朝採れ即絞めは、鮮度が抜群な故、旨味が出るのに時間がかかりますね。



トロは軽く炙ってトロトロで。

背は旨味たっぷり赤身質(マグロで言えば)で食べ応えアリ!


どちらでもチョイス可能です。


プライスもお手軽でございます^^。



ぜひ〜〜〜♪
c0130206_11293703.jpg





*当店(ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ)では、ワインは、「自然に寄り添った考えを持つ生産者のワインをコンディションを大切に」をモットーに、これらをお気軽にお客様自身でお気軽にお楽しみいただくことをコンセプトとしております。価格は基本的にボトルワインは酒屋さんの価格にプラス1,000yenにてご用意しております。サービス料金も頂戴しておりません。このローコスト化により、ワインサービスは抜栓のみで、その後はボトルはオンテーブルとさせていただき、お客様方でお注ぎ頂いております。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
by ryo_horikawa | 2017-03-19 11:31 | 食材

タリオリーニ 兎のサルシッチャとウドの芽のソース


c0130206_11535949.jpg

「うん、バッチリ!」

昨晩にズッペリアのカイシェフが僕に試作パスタを持ってきました。

一発OKでした。

もちろん、そこまでには磨いて磨いて辿り着いたようですが
最近、彼は本当に味の組み立て方、微妙なバランスなどが上手になってきて
食通の皆様にもご支持をいただいているよう。


このパスタ、チーズやバターは少なめで、
味は兎から取ったスーゴで持って行っています。

これはパスタ料理の落とし穴である、ベーズが濃すぎるとパスタの味がマスキングされるし
食べ飽きる状態に陥入りやすいのですが、上手いことバランスを取ってきました。

サルシッチャの歯ごたえ、ウドの芽の青さ、
卵たっぷりのタリオリーニも良い感じです。


ちょっと軽い赤ワインやしっかり目の白ワイン。
フランチャコルタも良いかも〜〜〜

ランチでもディナーでも作るようです!

ぜひ試してやってください。


いや〜、本当に美味しいや^^。








*当店(ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ)では、ワインは、「自然に寄り添った考えを持つ生産者のワインをコンディションを大切に」をモットーに、これらをお気軽にお客様自身でお気軽にお楽しみいただくことをコンセプトとしております。価格は基本的にボトルワインは酒屋さんの価格にプラス1,000yenにてご用意しております。サービス料金も頂戴しておりません。このローコスト化により、ワインサービスは抜栓のみで、その後はボトルはオンテーブルとさせていただき、お客様方でお注ぎ頂いております。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
by ryo_horikawa | 2017-03-18 11:55

連休中の空席状況と、金目鯛^^!

本日(土)ランチは僅かですがお席があります。
ディナーは満席です。

明日のランチは満席です。
ディナーは僅かですがお席ございます。

明後日はランチ、ディナー共に空席が少しあります。

よろしくお願いします。





c0130206_11382430.jpg



伊豆下田の金目鯛。かなり値が張りましたが仕入れてしまいました〜

昨日、市場で仕入れた太った太った上物です。

明日の日曜日から調理します。

それまではジッと我慢。。。




うまそ。





*フィオッキでは2017年4月1日より、ランチがリニューアルとなります。
ご予約の際ににはこちらをご確認の程宜しくお願い申し上げます。


by ryo_horikawa | 2017-03-18 11:40 | お知らせ

猪と山菜のロースト 蜂蜜とシェリーヴィネガー、柚子胡椒、トリュフ

c0130206_11251589.jpg
フィオッキのディナーの旬菜コースのメイン料理です。

画像は大分県から届いた瓜坊で皮付きでローストしました。
が、すみません、こちらは終了しまして
現在は伊那で捕れた3歳の雌の猪です。脂がのっていて肉質サイコーなのが届きました。
食べごろの状態をしっとりとローストしてお出ししております。

ソースは猪のスーゴ(フォン)に蜂蜜、シェリービネガー、柚子胡椒、トリュフを散らして
肉の邪魔にならずテイストを後押しする程度に添えています。
このソース、それぞれの素材の個性が出つつ
猪を強調してくれている感じでとても気に入ってます。
とにかくソースはソースがどうこうではなく
肉をいかに美味しくする要因であるかが問題なので
肉に合うテイストを少し添える感覚が今の自分にはしっくりきています。



山菜とキノコのローストを添えて森の中のイメージです。






*フィオッキでは2017年4月1日より、ランチがリニューアルとなります。
ご予約の際ににはこちらをご確認の程宜しくお願い申し上げます。


by ryo_horikawa | 2017-03-14 11:26 | 料理

小野ちゃんがお世話になりました。

c0130206_10244645.jpg
大きくなって来ました^^。



フィオッキからズッペリア。

長く頑張ってくれたホールの小野ちゃんが出産のため、ひとまず今月末で退職となります。
4月中は日曜日のランチだけズッペリアに出勤予定です。
その後は宮城の実家に帰っちゃいます。。。

でもまあ、めでたい事です。

純粋に嬉しいし、早く子供の顔が見たい〜〜〜!



今まで小野を可愛がってくださった方々、
本当にありがとうございました。

おかげさまで彼女もいつも楽しくお仕事ができていたようです。

お客さまに育てられました。

本当に感謝です。



4月より、ズッペリアが少々バタバタしますが、なんとか頑張ります^^;
スッペリアのホールはランチは本年より参戦のイタリアレディのエリカが。
ディナーはフィオッキのホールで頑張っていたチャンが頑張ります。

よろしくお願いいたします。


小野ちゃんのお相手ですか?

それはまた今度ご紹介しますね。




今まで小野が大変お世話になりました。
彼女を可愛がってくださった方々、
本当にありがとうございました。






by ryo_horikawa | 2017-03-13 10:33 | ご挨拶

今週末のフィオッキ

本日3月11日(土)はランチ、ディナー共に満席となってしまっております。
明日の日曜日はランチが残り1組さままで。ディナーはもう少し余裕がございます。

ご予約をお待ちしております。



本日はまた鎌倉にて野菜をたくさん仕入れて参りました。
新鮮で元気な野菜を沢山お召し上がりください!


c0130206_11415598.jpg



c0130206_11420897.jpg








*フィオッキでは2017年4月1日より、ランチがリニューアルとなります。
ご予約の際ににはこちらをご確認の程宜しくお願い申し上げます。


by ryo_horikawa | 2017-03-11 11:42 | お知らせ

ランチをご予約いただく際にご一読くださいませ

c0130206_10180382.jpg


2017年4月1日よりランチのメニューが下記の通りに変わります。


16年間に渡り続けさせていただきましたランチの前菜盛り合わせと、

プリフィックススタイルのコースがなくなり

おまかせコースのみのご用意となります。


ここに至るまでの経緯はこちらをお読みいだければ幸いです。

僕の心中を綴っております。



前菜の盛り合わせは今までに大変にご好評をいただけていたように思っております。

これまでのご愛顧に感謝いたしますとともに

無くってしまうこと、そして価格が上がってしまうことににお詫びを申し上げます。


4月よりのお任せコースでは、盛り合わせの一品ではお伝えしきれなかった料理の奥行きを表現し

今まで以上のお食事の楽しさをご提供していく所存でございます。


どうぞよろしくお願い申し上げます。




¥4.000(軽めのコース)

アミューズ・デザートを含めた、全6品


¥7.000(夜の部の旬菜コースの内容のショートコース)

アミューズ・デザートを含めた、全7品


¥10.000(夜の部の旬菜コース)

アミューズ・デザートを含めた、全9品


*上記に別途、サービス料10%と消費税8%を頂戴いたします。


*ラストオーダーは13:00です。

(¥10,000のコースは12:30)

お食事の大凡の所要時間は(カフェまで)下記の通りです。

¥4.000のコース・・・2時間

¥7,000のコース・・・2時間30分

¥10,000のコース・・・3時間

お時間に限りのある方は是非、当店2階の姉妹店ズッペリア・オステリア・ピティアーノのカジュアルランチをお楽しみくださいませ。


*過去のお料理をご希望な方は事前のご相談でご用意も可能です。またズッペリア・オステリア・ピティアーノでもフィオッキで過去にご用意させていただいていたイタリア郷土料理のご用意がございます。


内容は殆どがディナーの旬菜コースのお料理です。

スペシャルなお昼のコースをお楽しみくださいませ。





by ryo_horikawa | 2017-03-09 19:17 | お知らせ

ランチのリニューアル。「昼の部」へ

c0130206_17161504.jpg


4月からランチがリニューアルです


フィオッキは都心型でもなく、自然あふれる郊外型でもなく、

祖師ヶ谷大蔵という住宅街にあります。

ここでお店を続けていく上ではやはりランチの営業は不可欠です。

ディナーは都心型と違い、高い集客は最初から見込んではいませんでした。

ランチで多く方にお楽しみいただくことは何か。

その一つに前菜の盛り合わせがありました。

16年間以上、良い意味でも悪い意味でもひたすら続けてきました。。。


今回は4月1日より変更となるフィオッキのランチについて、

そして前菜の盛り合わせとプリフィックを諦める決断の

そこに至るまでの経緯と僕の胸の内を綴ります。


決断というと大袈裟に聞こえるけれど、これ、元スタッフたちからすると

「え~~~マジっすか~~~!?」

な事件です。(もっと大袈裟か)


16年間、支持を得られてきた(と思ってます)一皿を無くすことは

お店の生命線の存続の関わること。

かなり悩みました。

僕の心の中にずーっとずーっとシコリがありました。

「盛り合わせでは一品一品が伝わりきらない・・・」


そうなんです。

素材をより美味しく楽しく仕立て上げるのが僕の仕事だと思っているのですが、

盛り合わせは一品のその分量や、オペレーションによる制約がかなり多く

本来レストランならではの瞬間料理(温度や質感など、その瞬間しか形を保てない料理)は表現できない。

大袈裟に例えると盛り合わせの品はショウウィンドウに並んでいる品。という感じ。


プリフィックスコースに関しても

「こういう料理は姉妹店のズッペリアで提供すべき料理なのでは・・・」

という思いが抜けずにいました。


この度、こういったジレンマから脱却し、

素材をできる限りの調理という表現でお楽しみいただくスタイルへとシフトします!

お任せというスタイルにより、一皿の完成度を引き上げます!


そして、一過性の事ではなく、長く続けられる事を考え

ランチだからと言ってデフレ価格ではなく

その手数にあった料金を頂戴する事としました。

ですので、高いか安いか、お得かそうでないかは店側発信ではなく、

以前にも増してお客様自身が感じていただく事となります。

(でも僕は絶対に「安いね」って思っていただくコースを作るつもりですけどね)⇦結局スピーカーになってる(笑)


ズッペリアでは低価格ランチです。

お昼に時間の無い方もいらっしゃいます。

でもそこでも当店は良い物をお出ししたい。

だから飾らない。だから低コスト。なランチです。



コース内容と、それに纏わるご注意していただく点をこちらに記しております。

ご予約の際には必ずこちらをお読みいただいております。



今までにフィオッキのランチでも色々なイタリア郷土料理をご提案してきました。

お好みの料理、またアレを食べたい!という方はご予約の際にご相談ください。

それからスッペリアでも幾つかメニューに載ってます。

(僕も大好きな料理の数々です!)





フィオッキでは、ランチ、ディナー共に同じ料理が多く存在する事となります。

各地から届く上質な食材をできるかぎの調理というモットーをランチでも。



4月からのフィオッキのランチにご期待ください。

スタッフ一同、ご予約、ご来店を心よりお待ち申し上げております。




なんかランチって言葉が嫌だな。


「昼の部」かな。





by ryo_horikawa | 2017-03-07 17:18 | お知らせ

Turassi Rserva Vigna Cinque Querce 2009 Salvatore Molettieri

c0130206_11592651.jpg

そろそろお出しします。

今週末くらいからかな。

入荷したてのワインはお出ししません。

ちゃんと落ち着かせてから。

そうするとワインのエレガントな部分がちゃんと出てくる。

そういう良コンディションで日本まで、そして日本の倉庫でも保管されていたワインだから、そうしてあげないと勿体無い。



タウラージ・・・


南イタリアを代表するフルボディワインですよね。


今回ズッペリア・オステリア・ピティリアーノにてご紹介のこちらは、

そんな中でもリゼルヴァのしっかりタイプ。


でもこれ、そんな中にも綺麗なしっかりとした酸があって

バランスよく、そしてエレガントながらパワフル。なのに食事にも合う。

(前菜やズッパは、ちとワイン強し^^;)


2009年を6本だけ入荷しました。

(もうこれしか手に入りませんでした(涙)


数本は例のごとく酒屋さん価格にプラス1,000yen!


お得中のお得でございます。


こちらも早い者勝ちだなぁ。。。


濃い赤ワイン。でもエレガントなの!って方には本当にオススメです!








by ryo_horikawa | 2017-03-06 18:08 | ワイン

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧