<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

天草コース バショウカジキのレア・コトレッタ

c0130206_12211115.jpg


今年も来ました。
天草のワイルドアスリート。

バショウカジキという背びれがとんでもなくカッコ良いカジキマグロで
通常のそれより赤身で旨みが濃いです。

単純に美味しいのですが
送ってくださっている木戸さん曰く
「切ってある断面、そこの身がくぼんでますよね。それは生きている状態で締められた証なんですよ!」
と。
c0130206_12213315.jpg
画像では分かりにくいですが
色の濃いところが窪んでいるところです。
(影になっってるところ)

死後硬直で縮むんですね。

あまりにも鮮度が良くて、届いた日では食べられません。
で少し寝かせると・・・

これカジキ?って言いたくなる(っていうか言った)くらい美味しいです。

で、ただいま天草コースではコトレッタでご用意です。

レアレアです^^。

ウイキョウとか、オレガノとか、ローリエとかを効かせた
フレッシュトマトで仕込んだソースと
で白インゲン、ペコリーノチーズを添えてご用意です。

あ、もちろん仕上げにレモンをジュッと絞ってますよ!




by ryo_horikawa | 2017-09-30 12:24 | 料理

天草コース  平政

c0130206_11592497.jpg



c0130206_11595835.jpg


c0130206_12001929.jpg



久しぶりに登場しております天草コース!

前菜トップバッターは平政です。

マリネしておりますが、まあ生ですね。

天草の平政は本当に筋肉質でいつまでも身がしまっている感じ。
スーパーアスリートですね!


少しだけ厚みをもたせてスライスした平政。

アンチョビ、にんにく、唐辛子を各少量づつと
ケイパー、バジリコ、パセリなどでのピュレの上から
アーモンドのスライスとゴマを散らしております。
マンダリンオレンジフレーバーオイルと青みかんのジュースを絞ります。

下に敷いたレタスのサラダ。
ソースをふんだんにまとわせてジュルジュルなところを平政と共にお召し上がりください。


天草、本当に魚が美味しい所。

そしていつもお世話になっている木戸鮮魚店の木戸さんの目利きと処理。

もうサイコーですよ!!!





by ryo_horikawa | 2017-09-30 12:01 | 料理

17周年記念イベントコースのご案内

今月も残り後1日ですね。

月末につき、かなりドタバタしております私。


以前にご案内をさせていただきました
17周年記念イベントコース。

改めてのご案内です。
下記をお読みいただければ幸いです。


ご予約をお待ちしております。


とりあえず天草コースは作り始めております!




*フィオッキからの季節のお知らせ*

この度はご来店いただきまして誠にありがとうございます。

<当店に入荷いたします季節食材のご案内です。>
・・・10月〜11月・・・
ポルチーニ茸(イタリア)白トリュフ(イタリア)
猪、熊(長野県)仔羊(フランス)仔牛(北海道)
鯖、鱧、芭蕉カジキ、スミイカ、マエビ,e.t.c(以下、熊本県天草)

<NEWS>
皆様に育まれ当店も10月で17周年を迎えます。
日頃からの感謝の気持ちを込めまして10月中は特別メニューをご用意いたします。この機会に是非お楽しみ下さいませ。ご予約お待ち申し上げております。

・10月1日〜12日 17周年記念コース ¥7,500
(過去にご好評いただいておりました料理でのコースです。)
・10月13日〜24日 ジビエ尽くしコース ¥11,000
(全て天然のジビエを用いた料理です。)
・10月26日〜11月7日 白トリュフ尽くしコース ¥18.000~¥22.000
(価格は直前まで未定です。入荷次第です。)

*他、通常のヴァルデーゼコース¥9,000と、期間中の旬菜コースは
魚尽くしの天草コース¥10,000をご用意しております。


<クリスマス、年末の営業日のご案内>
クリスマスコース12月20日〜25日
年内は31日まで営業。年始は2日より営業いたします。


・全てのコースが昼の部でもご用意可能です。
・詳しくは当店のオフィシャル “フィオッキ・ブログ”
又はFacebookページを をご参照下さいませせ。




by ryo_horikawa | 2017-09-29 14:32 | お知らせ

仔羊のマレンマ風トマト煮込み

c0130206_23545911.jpg

さてさてさて

夏は過ぎ去りもう直ぐ10月。


煮込み料理もそろそろ食べたくなる。。。
いやまだ早いか。


画像はズッペリアでご用意している煮込み料理の
「ブリオーネ」
仔羊のトマト煮込みでピティリアーノ村の郷土料理。


これ、実はズッパです。

え?煮込み料理でしょ?

と言うところですが
ズッパって、イタリア語の動詞ズパーレから来ている言葉で
「吸わす」という意味からです。

で、この料理、ズッパ・ディ・アニエッロとも云われる料理で
硬くなったパンに煮汁吸わせるのが定義です。


口に運ぶと本当に羊のズッパ。

ズッパってスープであってスープじゃない。みたいなところがって
そこが良いところ。

この料理は正にそんな感じなのであります。

ってことを言いたくてフライングで煮込み料理記事でしたー。

by ryo_horikawa | 2017-09-26 23:55 | 料理

フジテレビ「ウチくる」

本日(24日)の12時よりフジテレビにて
フィオッキにて中村雅俊さん、中山秀征さん、中川翔子さん、篠原ともえさんの出演による番組が放映されます。

ぜひご覧くださいませ〜!


c0130206_11463402.jpg

by ryo_horikawa | 2017-09-24 11:47

ズッペリア・オステリア・ピティリアーノの店内

ズッペリアの店内を撮ってみました〜



by ryo_horikawa | 2017-09-23 14:33 | ズッペリアのあれこれ

フィオッキの昼の部の料理(¥4000コース)

季節ごとと言いますか、
食材の旬の移り変わりと共に
随時リニューアルとなりますフィオッキの昼の部のコース。

4000yenのコースのご紹介です。
パスタ、メイン料理のボリュームは少なで
軽いボリュームのコースです。







アミューズは、ちょっと肌寒くなってきた日がある近頃
南瓜の暖かいクレーマーをご用意しております。

トリュフとアマレッティのアクセント。

増田さんの南瓜が本当に美味しい!

c0130206_11391527.jpg




前菜は「初秋の菜園」
焼き茄子のクレーマとブルーベリーのソース

野菜たちはもちろん増田さんのと、鎌倉のとでございます。
見た目で野菜の美味しさをお伝えできないのが残念です。。。

c0130206_11415553.jpg







パスタは美味しい卵をたっぷり練り込んだイタリアの定番パスタ、タリアテッレ!

信州鮭とトランペット茸、ツルムラサキと。

卵との相性抜群ですよ!

c0130206_11433523.jpg









メイン料理が黒鶏のローマ風。

モモ肉はパプリカとトマトでしっとりと煮込んで
胸肉は別で低温ローストに。

サッとローストした野菜の香りが良い感じ。
ぜひソースとお召し上がりください。

c0130206_13404468.jpg





ドルチェは2色の葡萄のスープでミルクのジェラート添え。
食感のアクセントに柚餅とカカオのビスコット。
酸味のテイストプラスでカタバミ。

葡萄好きには良いと思いますよ〜〜〜



c0130206_11500604.jpg







お茶菓子は
サラミ仕立てのチョコラータと、
栗のシューでコーヒー風味。
です。


c0130206_11503107.jpg








お昼間の時間をごゆっくりと〜〜〜


by ryo_horikawa | 2017-09-23 11:53

猪のロースト

c0130206_10433427.jpg



猪、良いのが入ってきております。


栗との相性は抜群ですね。


栗のちょっと甘いソースには、実はタイムマシーンというちょっと変わった日本酒が入っています。

深い味わいなんです。牛蒡とトランペット茸とローズマリーとしっくりくるんです。



猪肉を噛み締めながらソースを纏ったキノコや栗や牛蒡をお楽しみください。




火曜日までです!


あ、お昼の部でもご用意可能ですよ!







by ryo_horikawa | 2017-09-23 10:45

鳩のラヴィリ

c0130206_10412850.jpg



鳩のラヴィリです。


詰め物には、タレッジョチーズと無花果。


cacio e fichi ですね。


鳩のスープでそのラヴィオリを絡めて

モモ肉のコンフィと胸肉のローストを添えます。


アクセントに大麦のフリットを。


そしてチーズとトリュフで決まり!




カイシェフが以前、ピティリアーノでちょっとやり過ぎな(笑)鳩のリゾット を

作っていたので、その延長で考案依頼をかけ仕上がりました^^。



肉料理好きな彼らしい一品です。


もちろん赤ワインと好相性。



あと4日間!


ぜひ!





by ryo_horikawa | 2017-09-23 10:42 | 料理

鮎のパスタ


c0130206_10380538.jpg


卵のパスタと合いますね。


細い手打ちのロングパスタ、タリオリーニに絡み合う

炭火焼にした天然の鮎とその肝のソース。

ゆっくりと炒めて香りを出したポルチーニ茸と共に

パスタと一緒にお召し上がりいただきます。



軽いネッビオーロ種のワインが良く合います。




ご用意、あと4日間です。


by ryo_horikawa | 2017-09-23 10:38

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧