風をきって増田農園へ

風をきって増田農園へ_c0130206_1611338.jpg
風をきって増田農園へ_c0130206_1633068.jpg

まとまった雨が降り続いた4月最後の土曜日の次の日、
まるで台風一過の様な青空の中、増田農園にまたまたお邪魔して参りました。

今回は農園に行く楽しみが、もう1つ。。。

ドライブです。

いつもドライブなのですが、今回はゆうゆう助手席、
しかも、ポルシェのオープンカー。

何故かというと、、、

最近お互いに行き来のある、
四谷三丁目のイタリアトスカーナ料理店“ラ・ヴィータ”(短角牛のビステッカが最高!)
のオーナーシェフ、須田さんと一緒の畑訪問で

何とも粋な須田シェフの愛車がポルシェのカブリオレな訳です。
風をきって増田農園へ_c0130206_1664052.jpg

須田シェフも以前から増田さんの野菜を使われているそうで、
いつも野菜談義が盛り上がり、この日が実現しました。

雨上がりのまだ湿った畑はこれからの準備で、可愛らしく芽を出す夏野菜と
この季節ならではの、咲き乱れる菜の花類が印象的でした。
風をきって増田農園へ_c0130206_1610296.jpg
風をきって増田農園へ_c0130206_16105224.jpg
風をきって増田農園へ_c0130206_16123413.jpg

以前にもご紹介しましたが、大根の菜の花は大根の味、
カラシ菜のそれはカラシ菜の味がしっかりします。


大根の種も品種によってはこんな形になります。
風をきって増田農園へ_c0130206_1749453.jpg

味は優しく大根の味で、スナックエンドウの様な
みずみずしい青さもありとても美味。

ソフト大根と勝手に命名です^^。


ブロッコリーも食野菜の役目を終え
子孫を残そうと、こんな感じで花を咲かせます。
風をきって増田農園へ_c0130206_16351554.jpg

いつも私たちが食べているのは当たり前ですが
この花たちのつぼみです。

ブロッコリーの存在が当たり前過ぎるのと
ブロッコリーという形を覚えたのがあの形なので
生態まで気にしておらず、この当たり前の事実に
少々驚きを覚えたのは私だけでしょうか。。。




風をきって増田農園へ_c0130206_17523812.jpg
風をきって増田農園へ_c0130206_17532568.jpg
風をきって増田農園へ_c0130206_17535223.jpg
イタリアを感じるカルチョーフィやアーモンド、
ハウスの横のミントなどを摘んで
発酵自然肥料を見せてもらい
最後は写真撮影、治子さんのリクエストでポルシェ前です^^。
風をきって増田農園へ_c0130206_1757228.jpg






風をきって増田農園へ_c0130206_17591318.jpg

朝はまだいくつもの層になって駆け足で動いていた雲も
すっかりおとなしくなった穏やかな青空の下、美味しい食材話で盛り上がり
あっという間に祖師ケ谷大蔵に到着。

いつもながら、太陽と大地、そして実る野菜とそれを作る人から
沢山のエネルギーを貰いました。

春仕事、頑張りますっ!
by ryo_horikawa | 2009-04-26 18:05

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa