ジビエづくしコースの一皿目のパスタ

猪です。
ジビエづくしコースの一皿目のパスタ_c0130206_10274025.jpg

“猪のボッリートとリコッタを詰めたトルテッリーニ・イン・ブロード 
 そのボッリートスープに浮かべて”

です。

ワオ!

一人で勝手にもりあがってます^^;。

猪に関係なくなってしまいますが(というか今回はこちらを伝えたい)
私、堀川、この “トルテッリーニ・イン・ブロード” が大好きです。
ジビエづくしコースの一皿目のパスタ_c0130206_10312976.jpg

エミリアロマーニャ州を代表する料理ですが
北、中部イタリアでも幅広く食されています。

正直、若かりしイタリア修業時代は、とてもポピュラーでシンプルな料理なので
それほど、この料理の良さが身にしみていなかったと思います。
しかし帰国して何年も経つと、
「あ〜ちょっと寒くなって来た時のイタリアの味だな〜」
と身にしみて思うわけです。身に染み込むんです。

そして、ロマーニャでは特にですが、
こういうちょっと手の込んだ手打ちパスタ料理はおもてなしの料理とされています。

フィオッキのお客様にも、心込めて作りますよ!


今回は猪のスネ肉を一晩ソミュールに漬け、それを香味野菜とボイル。
茹で上がった肉を燻製にします。
それをリコッタと卵とチーズと合わせて詰め物にします。
スープはこのスープと猪の味を邪魔しない様に引いた
子牛の筋でのコンソメとのダブルスープ!(ラーメン屋さんみたい!)
猪をソミュールに漬けているので
臭みはなく、薫香と混ざって良い味の複雑味を出してくれていると思います。

日本人にす〜っと馴染むイタリア郷土料理です!







にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by ryo_horikawa | 2011-11-07 10:35

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa