秋の増田農園研修 2012

先日の水曜日、ちょっとお天気が心配だったのですが
この秋も増田さんご一家のご協力を頂けて、畑仕事研修を行えました。

今回は、キヨエちゃんこと、近所のイタリアンの
烏山のエノテカ・クラフトのスタッフさんと
神宮前のイタリアン、カヴァカヴァッロのホールを任されている清水さんの2名が参加。
楽しい研修となりました。

到着するとまず、農園の若旦那すすむさんから
現在の畑の状況を一通り教えて頂きました。
秋の増田農園研修 2012_c0130206_20342881.jpg
秋の増田農園研修 2012_c0130206_20325325.jpg

とにかく今年は夏に雨が少なくて
上手く育たないものが多く、ご苦労されたそうです。
また、その影響で発芽も遅れ、今にそれが響いているそうです。

改めてお聞きすると、本当に大変そうです。。。


その後、農園のお仕事を開始!ですが、、、
その前に、農園のお父さんから、もみ灰焼きのレクチャーです。
“焼き芋”も含まれています!
お父さんがこの日まで、この仕事をとっておいて下さったんだと思います。
秋の増田農園研修 2012_c0130206_2036018.jpg
秋の増田農園研修 2012_c0130206_20353460.jpg

乾燥したもみを、中心に火をつけたら周りから寄せて、中で火を燻らせます。
煙突からは常に煙がモクモク。

もみの形を残し炭状にするのがポイントだそうで
これは肥料や消毒に使われるそうです。

そして、周りが熱くなってきたら、、、、
芋を投入!です。
秋の増田農園研修 2012_c0130206_20351123.jpg


芋が焼けるまでの間に、恒例のモロヘイヤの枯れ木を燃やす仕事や
里芋掘り、人参の草むしりに、ジャガ芋の土寄せ。
秋の増田農園研修 2012_c0130206_20513665.jpg
秋の増田農園研修 2012_c0130206_20511613.jpg
秋の増田農園研修 2012_c0130206_20372467.jpg

ジャガ芋は地表近くで育つようで土寄せが必要だそうです。
知らなかった。。。

小豆なんかも収穫させて頂きました。
鞘がこんな色になったら収穫なんですね。

秋の増田農園研修 2012_c0130206_2038883.jpg

秋の増田農園研修 2012_c0130206_2050129.jpg


そして、お昼!
秋の増田農園研修 2012_c0130206_2052118.jpg

この青空ご飯が格別です!

秋の増田農園研修 2012_c0130206_20533055.jpg
秋の増田農園研修 2012_c0130206_20531454.jpg
秋の増田農園研修 2012_c0130206_20524129.jpg

いつも農園のお母さん、治子さんは、美味しいお赤飯を炊いてくれます。
農園の小豆と栗が入って、上から農園で採れた胡麻をかけます。
他にも農園で採れた野菜のお味噌汁やお漬け物。
最高に贅沢ですね〜〜〜〜^^。

満腹の後一休みを入れ、午後のお仕事をしたらアッと言う間に夕暮れ前。



いつも増田さん一家は皆さん、「お手伝いして頂いてスミマセン」
とおっしゃいますが、我々からしたら
日頃丹誠込めて育てた野菜を弄らせて頂くなんて、
なかなかできない事で、貴重な体験です。

一日我々の気を使わなくてはならないし、
素人の僕たちが収穫時にせっかくの野菜をキズつけてしまうこともあります。

それでもいつも心良く受け入れてくれて、本当に感謝です。


増田さんご一家、いつもありがとうございます!

野菜、大切に使います!


秋の増田農園研修 2012_c0130206_20542785.jpg







にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by ryo_horikawa | 2012-10-12 21:48 | スタッフ研修

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa