ヴァルド派のテイストで

ヴァルド派のテイストで_c0130206_21574539.jpeg

只今のコースの一皿
「鮭 木の子 卵 雉のスープ 山のお茶」

植松さんの信州鮭。コレを灰干しにして旨味を上げて半生に火入れ。
木の子は雉のスープで炊いてパンと卵でスクランブル。
そして上から「山のお茶」

このお茶。
北イタリアはアルプスのお茶で、全てビオ認証付きの材料でして、ヨモギ、カモミール、レモングラス、イラクサ、マリーゴールドなどなど。
コレを煎じてこの料理に注ぐ。

「え?お茶を?」となるのですが、皆さん納得していただいております。

お召し上がりいただければ感じていただけるのですが、コレは全てヴァルド派のテイスト。
濃度や塩味や旨味を合わせれば自然と纏まる料理なんです。


ぜひお召し上がり頂きたい、ヴァルド派の味。です。

by ryo_horikawa | 2019-12-06 21:56 | 料理

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る