トマト

最近つくずく思うのは、フルーツトマトの様な甘いトマトはよくあるけど
トマトらしいおいしいトマトが無い・・・と。

トマト_c0130206_0202728.jpg

ところが、増田さんの育てたトマトは実に私好み!なんです。



トマトらしい青臭い香り、キリッとした酸味。この二要素が求めていた味だったのです。



聞くところによると増田さんも、ただ甘いだけのトマトを作る気はなく、
素朴なトマトの美味しさを求めているようです。



トマト_c0130206_0212671.jpg 
でも、この手のタイプのトマトはあまり他のレストランに人気がないようで、「来年は作らないかも・・・」と言っていました。

なんとかお願いして来年も作っていただきたいと思っているのですが。


写真はトマトの木。
そして気休めと言っていた虫取りテープです。


自然と向き合う有機栽培はとても大変だと思います。



一つ一つを丁寧に料理して、美味しい野菜をより美味しい何かにしていく事が私たちの仕事であり、日々がんばろうと思うと共に、イタリア修業時代の素朴な味がその事を教えてくれたのだと思う最近であります。
トマト_c0130206_1263653.jpg

by ryo_horikawa | 2007-08-11 01:43

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa