<   2019年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ノンアルコールドリンクのペアリングコース⑦

c0130206_21033714.jpeg
自家製カンパリ?
です。

風なノンアルコールカクテル。

カボス、蜂蜜、エルダーフラワーシロップにハイビスカス。そこに炭酸。

デザートと!!!

スッキリだけど深みがあります^ ^

by ryo_horikawa | 2019-04-13 21:00

ノンアルコールドリンクのペアリングコース⑥

c0130206_20484619.jpeg


KAHIですって。

葡萄の皮の果皮です。

大阪のカモシモワイナリーさんの発酵飲料。

そう、葡萄をワインの為かな?絞った果皮を発酵させて作られた飲み物。

味はワインのようなテイスト、複雑味。
で、酸味が強いですね。

本来、葡萄の旨味は皮にあります。でも雑味も強いから絞った後は蒸留酒にするか捨てられる。

この捨ててしまう部分を研究を重ね飲み易く(実際は↓この合わせがないと少し飲み辛いかな)作られたスゴモノ。
だって、捨てちゃうところを商品にしたら、その葡萄の価値が上がるしエコだし。

そして何よりウチのスパイスたっぷりのスゥッパ・バルベッタには持って来い。
豚のゼラチンコラーゲンスープを酸味がスパッと切ってくれるし^ ^


面白いの作る人達がいるものです^ ^



by ryo_horikawa | 2019-04-13 20:26

ノンアルコールドリンクのペアリングコース⑤

c0130206_20215179.jpeg




宇治茶です。



碾茶は、石臼で抹茶を挽きあげる前の茶葉、つまり原料として使われることが多いのであまり市販されていませんが、茶農家では自宅で嗜んできました。その香ばしいおいしさは、だから秘密にしておきたかったのではないかと思うほど。茶葉は手摘みしてから少なくとも20日以上被覆し、蒸して、碾茶炉で乾燥して製茶します。


ということで、あまり市販されない稀少な碾茶。

宇治川、木津川などが流れる京都の南部地域は、年間雨量、土質、小高い傾斜のある地形などお茶づくりの最適な条件を備えています。そこで鎌倉時代から始まった宇治茶は、室町時代には足利幕府の奨励を受けて茶園が開かれ、広く愛飲されるようになりました。この800年の歴史の積み重ねにより、碾茶は、石臼で抹茶を挽きあげる前の茶葉、つまり原料として使われることが多いのであまり市販されていませんが、茶農家では自宅で嗜んできました。その香ばしいおいしさは、だから秘密にしておきたかったのではないかと思うほど。茶葉は手摘みしてから少なくとも20日以上被覆し、蒸して、碾茶炉で乾燥して製茶します。茶は日本屈指のおいしいお茶として愛されています。

というこの宇治茶。

深ーい深ーい青ーいテイストが、仔羊の藁包みローストに良く合います。おそらくお茶の日向の香りもマッチしているのでしょう。

非日常的なお茶をお楽しみ下さい^ ^。



by ryo_horikawa | 2019-04-13 20:10

ノンアルコールドリンクのペアリングコース④

c0130206_19202991.jpeg
花茶です。

最高のジャスミン茶の産地、福建省産の中でも選りすぐりの茶葉を使用し、白い産毛の多い新芽でつくる「明前(みんちぇん)茶」に、ジャスミンの生花の香りを何度も丁寧に吸い込ませた茶葉でつくっているお茶。

だそうで、
香りがとにかくすごいです。そしてやはり厚みのあるテイスト。
「お茶」といっても、これは抽出してはいるものの、ほぼ何かその物からなる液体、という感じです。

生ハムと焼きたてのパン
生ハムとリゾット

に合わせております。


うーむ、ワインに引けを取らない奥深さ。
というか単調なワインと比べたらこっちの方がよっぽど深いです。はい。


by ryo_horikawa | 2019-04-13 19:20

ノンアルコールドリンクのペアリングコース③

c0130206_14280211.jpeg

白樺の樹液です。

昨年の夏に、北海道のフラテッロ・ディ・ミクニさんにお邪魔した際、宮本シェフが「春のうちから近くの白樺の木から樹液を取っておいて煮詰めたシロップです」なんで言っていたけど、北海道ではよくあるものなのかな…

これは煮詰めていないサラサラの水。
とは言ってもやはり、甘やかな厚みがある樹液です。

なんでも白樺の木は春のうちに根からどんどん水をくみ上げるそうで、どんどん採取できるそうです。


マイナスイオンの森林浴をどうぞ。

山菜の料理と、野花のオムレツに合わせています。

by ryo_horikawa | 2019-04-12 14:18

ノンアルコールドリンクのペアリングコース②

c0130206_13533717.jpeg

台湾を代表する最高級青茶です。

その茶葉のストーリーは独特で、夏の茶摘みの時期にウンカという小さな昆虫が茶の若芽を噛むと、噛まれた部分が自然発酵を促進し、独特のやさしい甘さの香味を持つのです。1年に1度、夏にその若芽の部分だけを丁寧に手摘みで収穫する貴重なお茶でもあります。


ホワイトアスパラガスの料理に合わせています。


ぜひお試しください!




by ryo_horikawa | 2019-04-12 13:52

ノンアルコールドリンクコースのそれぞれ①

c0130206_13484315.jpeg
ノンアルコールドリンクコースの最初の1杯目は、ふらんすの有機栽培のシャルドネ100%のスパークリングです。
樽にもかけているので、なかなか雰囲気あるノンアルコールワインです。

凝縮感ありますよー^ ^

by ryo_horikawa | 2019-04-12 13:40

ノンアルコールドリンクコース

フィオッキの夜の部では、お任せコースに合わせて、ドリンクも全てコースでのご用意です。

ワインのペアリングコースと、ノンアルコールドリンクのペアリングコース。

それぞれにハーフ量もございます。

さて、このノンアルコールドリンクのペアリングコース。
皆さん、「え?ワインと同じ価格なの?」と疑問を抱かれるかと思います。

今回ご用意しているのは画像のラインナップなのですが、実はワインコースより、ドリンクの仕入原価は高いのです(汗
特にお茶類はなかなかですよ。高級ワイン並み。

今後またご案内させていただきます。

因みに夜の部の詳しい内容は↓こちらをご覧くださいませ。


ノンアルコールドリンクのペアリングコース、実はかなりオススメです!
c0130206_13154709.jpeg

by ryo_horikawa | 2019-04-12 12:58

祖師ケ谷大蔵     イタリア料理フィオッキホームページ       http://www.fiocchi-web.com/main.html是非ご覧ください


by ryo_horikawa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る